2015.04.18(土)
関東甲信越・某所 2:00PM 晴れ 20℃ 同行者:kapiさん

2015年も4月の半ばを過ぎているので、諸々の試運転も兼ねてkapiさんとフィールドに出てみる事にした。

2015年つくし
2015年つくし


kapiさんと合流してから探索場所を決める。・・・とりあえず過去の実績を踏まえて某所に足を運んでみる事にした。目的地に到着すると、目の前に綺麗なキジが歩いている。フィールドに春が訪れていることを実感する。

キジも歩く
キジも歩く



過去に何度も訪れている場所であるが、今回初めて確認したクヌギがあり、その樹には大きな洞や樹液痕が確認できる。・・・このクヌギは少し隠れた場所に存在していたので、今まで気付くことがなかった。これは樹液シーズンが楽しみである。


時期的にも過去に朽木内のオオクワ(成虫幼虫)を確認した事があったので、その場所へ足を運んでみると、以前確認した倒木はまだ残っている。私は採集スタンスとして材割りは積極的に行ってない。この場所は自分にとって数少ないオオクワ生息地であり、夏場の“樹液に付くオオクワ”確認が最終目標の為、この時期にその調査として足を運んでいる。

可能性の高いポイント
可能性の高いポイント



倒木を裏返してみるとカブトムシの幼虫が確認できた。・・・気の毒なので潰れない様に元に戻す。

倒木下のカブトムシ幼虫
倒木下のカブトムシ幼虫




今年最初のフィールド探索だったがkapiさんと色々と話が出来て楽しかった。年々諸々の壁が高くなってきているが、まもなく樹液シーズンなので、今年もマイペースに探索を楽しめればと思う。

まもなく樹液シーズン開幕
まもなく樹液シーズン開幕


成績:ボ〜ズ

採集目次に戻る