2010.07.01(木)へっぽこ遠征inタイ王国(1日目)
海外・タイ王国 22:00PM 雨 30℃ (蒸し暑い) 同行者:うしやんさん(現地)

今年4月に遠征したタイ王国だが、早くも3度目となるタイ王国遠征を決めた。

先日発売されたクワガタマガジン51号に、タイ王国在住うしやんさんの採集記事が掲載されたので、直接お渡しする理由と共に今の時期のタイ王国での探索にも非常に興味があったので、直ぐにチケットの手配を行った。通常であれば“海外”と言うだけでハードルの高さを感じてしまうが、やはり現地にうしやんさんが居てくれるのは本当に心強い。

今回の探索としては個人的に、テナガコガネをHIDライトトラップにて確認してみたい想いが強い。
日本では禁断のテナガコガネであるがタイ王国では、国内で確認する分には問題ない様なので、今回もリリース前提で探索を楽しんでみたい。

3度目のタイ王国遠征
3度目のタイ王国遠征
(熱帯モンスーン気候。言葉はタイ語。面積は日本の約1.4倍。人口は約6200万人。仏教95%を占める。)



京成線に乗り、成田空港に到着する。

・・・思えば、離島遠征として今まで何度も羽田空港を使用してきたが、昨年末から成田空港の方が利用回数が増えている。考えてみれば今年は全く羽田空港に行ってない事に気付く。まさかこの“へっぽこ”が海外遠征の方が多くなるとは夢にも思わなかった。

成田空港
成田空港



成田空港だけあって、やはり海外の航空機が多い。海外(タイ王国)探索への出発は今回で3度目とはいえ、やはり国内の離島へ行くのとは訳が違う。それなりに緊張感も伴う。

外国の航空機ばかり
外国の航空機ばかり



搭乗する航空機は今回もJAL(日本航空)を選択した。このところの日本航空は経営的にも非常に厳しい状態であるが、南西諸島遠征でも馴染み深いので可能な限り選択している。

JALは厳しい状況
JALは厳しい状況


全て順調に進み、成田空港を離陸する。シートベルト着用サインが消えた後は夕食が運ばれてきた。カレーライスを選択すると、今までは「たいめいけんカレー」が運ばれてきたのだが、今回はノンブランドの様であった。やはり日本航空の台所事情なのであろうか?

機内食を食べる
機内食を食べる



目的空港のバンコク国際空港まで6時間以上のフライトになるので、DQ9をプレイしたり仮眠を取りながら時間を過ごす。
このくらいの時間であれば、国内遠征より少々時間がかかる程度の感覚なので、それほど苦にはならない。

タイ王国まで6時間30分
タイ王国まで6時間30分





タイ王国・バンコク国際空港に到着。

4月に来た時は30分ほど定刻より到着が遅くなってしまったが、今回は予定通りに到着した。やはり異国に来るというのは独特なものを感じる。
さすがに3度目となるので空港の雰囲気には見慣れた感もあるが、入国検査が無事に終了するまで落ち着く事ができない。。

バンコク国際空港到着!
バンコク国際空港到着!



関所手形を片手に入国審査場所までやって来た。毎度ながら一定の緊張感が漂っている。何一つ不審な点はないのだが、1回目の遠征時にやたらと写真を撮られた印象が強いので、変なイチャモンを付けられない様に出来るだけ“好青年”を装う。

入国審査を受ける
入国審査を受ける



・・・微妙な間合いを感じたが、何とか関所を通過する事ができた。


うしやんさんに電話してみた所、どうやら合流までもう少し時間が掛かる様だったので、お茶しながら時間調整する事にした。
スタバが目の前にあったのだが、せっかくタイ王国に来ているのだから雰囲気のある店を探してみる事にした。

時間潰しする場所を探す
時間潰しする場所を探す



店頭にココナッツが置いてある店舗があったので、この場所にする事にした。
言葉の壁などの問題はあるのだが、国際空港という事で何とかなるだろうと入店してみる。

タイらしい店にする
タイらしい店にする



メニューには、タイ語の他に英語や中国語と共に日本語表記もあったので、問題なくオーダーする事ができた。やはりタイ王国と言えば「パッタイ」だと即決してしまった。本当はお茶だけにしようと思ったのだが、想像以上にコミュニケーションが取れてしまったので、つい多めにオーダーしてしまった。

タイ料理のパッタイ
タイ料理のパッタイ



パッタイを食べていると、うしやんさんから電話が入り合流する事ができた。挨拶を交わした後、話によると日本人仲間と日本食の会合を抜けて迎えに来てくれたとの事だった。今回もお世話になってしまい、本当に頭が下がる思いであった。


空港を出て驚いたのは外の天気であった。土砂降りなのである。この時期の季節柄、雨季である事は理解していたが、日本の梅雨の末期の様な土砂降り具合であった。

土砂降りのバンコク
土砂降りのバンコク


それでも初日に宿泊するホテルに向かう途中、雨脚が弱まった瞬間を見計らって外灯をチェックさせてもらう事にした。前回4月にはこの外灯回りでサイカブトを確認しているので、希望を持って確認していく。

少しだけ外灯チェック
少しだけ外灯チェック



ひときわ明るい外灯に何やら甲虫の姿が確認できたので、車を停車し降りてみる。
ゴミムシ系の虫はそれなりに確認できるものの、肝心のクワガタやカブトムシの姿は確認できない。

タイ王国のオサムシ
タイ王国のオサムシ



少々時間を掛けて確認していくが、雰囲気のありそうな場所に限って野良犬(飼い犬?)が複数頭うろついており、吠えたら厄介であるし、また何の保証もないので危険ということも考慮し、無理して犬の居る場所では確認作業を行わなかった。話のよると昼間はボンヤリしている犬たちも、夜になると凶暴さを増すというので、異国という事も踏まえ無理はしなかった。


深夜になりつつあったので探索を終了し、明日の探索に備えホテルに向かう事にした。とりあえず街中のセブンイレブンに寄って頂く。相変わらずタイ王国はセブンイレブンが数多く確認できる。異国であっても馴染みの深い場所なので、安心して入る事ができるのは有難い。

セブンイレブンに立ち寄る
セブンイレブンに立ち寄る



ホテルに到着しチェックインする。

うしやんさんは自宅に戻る為、ここで一度解散する。本当に何から何までお世話になってしまい感謝の限りである。

腕時計を見ると日本時間で午前3時である事が窺える。実際のタイ現地時間では日本と時差があり、午前1時という事になる。
身体は当然午前3時の感覚なので、明日の探索に疲れを残したくないので直ぐに消灯する事にした。

明日に備え早めに休む
明日に備え早めに休む



・・・明日は、いよいよタイ王国探索である!   zzz



成績:ボ〜ズ

2日日へ

採集目次に戻る