2005.06.10(金)へっぽこ遠征in奄美諸島(1日目)
鹿児島県・沖永良部島 3:00PM 晴れ 27℃(昼間は蒸し暑く、夜は涼しい)


今回の遠征先は「沖永良部島」である。
この島には「オキノエラブノコ」、「オキノエラブヒラタ」、「オキノエラブネブト」が生息しており、オキノエラブノコは本土の個体より“より褐色”で、オキノエラブヒラタは“大顎の裏側に微毛が密生”する特徴があるという。オキノエラブネブトに関しては、元々ネブト自体採集した事が無いので、どこ産であれ興味があるので観てみたい。
今回も具体的にリサーチしていないので、行き当たりばったりの遠征となる。まぁ日頃の生活からトリップ出来るのであれば、それで良い。沖永良部島の地理的な所在は、奄美大島と沖縄本島の中間地点で、やや沖縄寄りに位置する。

遠い・・・
遠い・・・



東京からの行き方は、やはり飛行機という事で羽田空港からとなる。今までは、空港まで電車(京浜急行)で行っていたのだが、今回は車で最寄の駐車場に停めていく事にした。この選択が、最後の最後で「大誤算」を招く事になろうとは・・・
天候は曇りであるが目的地の沖永良部島は晴天との予報である。飛行機もジェットクラスになれば、そうそう「天候不良」で飛ばない事は無いだろう。やはり先週の神津島遠征中止は辛かった・・・。
何はともあれ、順調に飛行機に搭乗する事ができた。羽田から直行便は無いので羽田空港→鹿児島空港→沖永良部空港という乗り継ぎになる。
滑走路上にて機内アナウンスが流れる。「ただいま、滑走路が込み合っております。」と。滑走路の曲がり角に来た際に後ろを見てみると、飛行機が渋滞していた・・・。

朝は渋滞します
朝は渋滞します



暫く待つと“飛行機渋滞”を抜け、飛び立つ順番が来た。ジェット音が上がり、一気に加速し離陸する。「アムロ行きま〜す!」&「Gがこんに凄いなんて!!」という気分になる。いわゆるハイテンション状態だ。因みに私はオールドタイプである。

さぁ、どうなる!?
さぁ、どうなる!?



羽田空港を離陸してから1時間30分ほどで鹿児島空港に着いた。殆ど寝ていたのであっという間であった。
次の沖永良部空港行きの乗り継ぎ時間まで、1時間以上ある。昼時だったので昼食をとる事にした。いくつか店があったので回ってみると「鹿児島名物・黒豚」のステーキがあり、それが一番そそられたので食べてみた。奮発した割には・・・。

“鹿児島名物・黒豚”のステーキ
“鹿児島名物・黒豚”のステーキ



沖永良部空港行きの便に搭乗する時間が来た。歩いて飛行機に搭乗する。この辺りも羽田と違い、遠方に来た感があり楽しい。
更に、搭乗する機体は「YE-11」というプロペラ機で、戦後初の純国産の旅客機であった。以前「プロジェクトX」にて、その完成秘話を観ていたので、その歴史を考えると少々感動を覚えた。

YS-11に歩いて搭乗
YS-11に歩いて搭乗



「YS-11」が鹿児島空港を離陸して更に1時間30分、遂に沖永良部島に着いた。天候も東京と違い快晴だ!上がるテンションを抑えきれない。早く探索したい。とにかく必要以上に急いでレンタカーを借りに行く。

沖永良部島、案内図
沖永良部島、案内図



レンタカーを借り、とりあえず宿泊地にチェックインする為に宿へ向かう。
途中、海が見えた。やはり南国の海は蒼い。非常に気分が良い!が、早く山に行きたい気持ちの方が強い。

南国の海
南国の海



宿でチェックインを済ませ、山に向かう。沖永良部島は限られた山しかないので、そこに目星をたててみる。それほど高い山は無い様である。また、南国で一番怖い存在である「ハブ」は、何故かこの沖永良部島には生息しないらしいので、気にせず林床にも入れる様だ。

山は限られている
山は限られている



林道を歩いてみると蝶の多さに驚く。昨年に遠征した石垣島でもそう感じたが、沖永良部の蝶の多さもハンパではない。絶えず視界の中には蝶が入ってくる。特に良く見かける「ルリタテハ」は、美しい紫色の模様が特徴的である。

ルリタテハ
ルリタテハ



ついつい色々な場所が気になり、寄り道をしてしまう・・・。

時計を見ると16時を回っている。トラップを仕掛けなければならないので、その準備を行う。トラップ作成は昨年遠征した、奄美大島以来の2度目となる。前回はバナナに焼酎をかけたが発酵が足りないように感じたので、今回は事前に2日近く焼酎の中にバナナを漬け、密閉した容器の中で日の当たる場所にて熟成させてみた。まぁ何と言うか、この方法が当たっているのかは分からないが、良いものであれば結果が伴うであろう。トラップの数は、10個程度の少ない作成となった。

果実トラップ作り
果実トラップ作り



林道付近の思う所に仕掛けていく。匂いだけなら充分に効きそうに感じる。今まで一度も“へっぽこトラップ”に、クワガタが集まる光景を目にしていないので、願いを込めながらのセッティングとなる。1頭で良いので来て欲しい。

どうか一つ!!
どうか一つ!!



トラップの仕掛け終わり、一度宿に戻り夕食をとる事にした。



辺りが暗くなり夕食をとった後、外灯を回る事にした。雰囲気のありそうな外灯や自販機を確認していく。コガネムシやカメムシはそこそこ居るのだが、クワガタの姿は無い。気がつけば日が暮れた後は、かなり涼しい。長袖のシャツ一枚では少々寒いと言っても過言ではない。予想ではかなり蒸し暑いと思っていただけに、いきなりのヤバさを感じる。

こいつばかり・・・
こいつばかり・・・



他にも甲虫の姿が無いか周辺をチェックしていくと、自販機の近くに数頭の小さな甲虫が集まっている。見た感じ“小さな黒い虫”程度の印象しか受けなかったが、後になってこれが“日本最小のカブトムシ”と言われる「クロマルコガネ」であった事が判った。確認当初は、今まで沖永良部島でクロマルコガネの採集例を聞いた事がなかったので、何となく「形がそれっぽいな?」と感じながらも、勝手に「違うだろう・・・」と判断してしまった。
しかし後日、ビー・クワ17冬号にて近年採集例があることを知って確信に変わった。何と言うか過去に採集例が無いと思い込み、勝手な判断はせずに、疑問や興味の湧いた事はどんどん調べるべきだと感じた。また、採集活動をしている限り“へっぽこ”であっても各所に可能性はあるのかも知れないと今後のモチベーションにも繋がる気がした。

沖永良部島・クロマルコガネ
沖永良部島・クロマルコガネ




何箇所か時間を掛けて回ってみたが、大型の甲虫の姿は無い。やはり時期が早すぎたのだろうか?そう思うと、いつもながら事前にもっと調査しておけば良かったと後悔する。そんな中、車を走らせていると薄暗い外灯が近づいてきた。流石にこんな場所には来ないだろうと思いながらも、何らかの成果を期待しながら車を止めた。すると薄暗い外灯の割には蛾が多く集まっている。近くの壁には蛾を求めて集まっている蜘蛛が居て、更にそれを狙うヤモリの姿もある。「う〜む、これが食物連鎖か・・・」と、今更ながら感心してしまった。

周辺を見渡すが、やはり甲虫らしき姿は無い。次の場所へ移ろうかと思い始めた頃「ブ〜〜〜ン♪」と聞き慣れた、大型甲虫の羽音が聞こえてきた。反射的に「カブトムシかよ・・・」と感じた。しかし「沖永良部島にカブト居るのか?」という疑問も同時に出てきた。どちらにしてもボ〜ズよりは良いと思い、羽音のする方向に懐中電灯を当ててみた。やはりカブトらしき個体が飛んでいる。その個体は近くの壁のあたりで羽音が止まった。近くに寄って懐中電灯を当ててみる。すると・・・
その主は、カブトはカブトでも「タイワンカブト」であった。初めて目の当たりにしたタイワンカブトだったので、想像以上に大きく感じた。本土の“通常カブト”と大きさはそれほど変わらないが、やはり角の形状が全く違うので雰囲気の違いを感じる。手にとって腹側を観るとアカアシの様に赤い。
初めてのタイワンカブトだったので嬉しかった。

タイワンカブト
タイワンカブト



俄然やる気が出てきた!タイワンカブトが来る外灯なら、クワガタも期待できるのでないかと思い、更に念入りに周辺をチェックしてみた。
すると、大型のクワガタが・・・・・、死んでいた。オキノエラブヒラタなのか?

こっ、これは!!
こっ、これは!!



手にとって裏側を見てみると、“噂の微毛”が確認できる。間違いなくオキノエラブヒラタである。いつも通り、亡骸からのスタートとなったが、発生しているという事が判っただけでも大きな収穫である。ノギスをあててみると50_を示している。南国のヒラタは大きいと聞いているが、自分から見ると50_でも充分に大きく感じる。
ただお約束ながら、元気な時に遇いたかった・・・。

大顎の裏側に微毛あり
大顎の裏側に微毛あり




こうなると元気なオキノエラブヒラタを確認してみたい。明るい内に仕掛けたトラップが気になるので、確認しに行く事にした。
数は少なく、それほど広範囲に仕掛けていないので、確認に時間は掛からないだろう。奄美大島の時は“わかりにくい場所”に設置した事で、自分自身がどこに設置したか分からなくなるという“超へっぽこ大失態”を犯してしまったので、今回は夜になっても“わかりやすい場所”に仕掛けた。

予定通り、今回は暗くてもトラップの位置は容易に場所が判る。一つ、二つ、三つと確認していくが・・・、甲虫らしき姿は無い。付いているのは大量のカタツムリだけである。一つのトラップに、20近くのマイマイが居る光景は当然気持ち良いものではない。しゃくに障るのでマイマイは全て排除した。

・・・結局、全てのトラップを見回ったが結果は伴わなかった。とりあえず初日なので明日以降に期待しようと気持ちを切り替え、今一度トラップを見回りながら、周辺の樹木を確認して行く事にした。


すると二つ目のトラップを仕掛けた木の樹上に、何か黒い物体が動いた様な気がした。


懐中電灯を当ててみる。すると明らかに2頭の大型甲虫が、洞に駆け込む姿があった。いくら“へっぽこ”でもこの状況判断は出来る。間違いなくクワガタである。しかしながら樹上のクワガタは、こちらの存在に気がついた様で、地上3メートルほどにある洞に逃げ込まれてしまった・・・・・。





暫し呆然としながら対策を練る・・・。





正直な所、状況は良くない。懐中電灯以外は持ち合わせていないので、頭上にある洞はどうしようもない。
今一度、懐中電灯で洞を確認してみる。・・・状況からいってオキノエラブヒラタだと思うが、僅かに見える洞の中の個体は、大顎が随分と湾曲している様に窺える。洞の中に居る状況を考えるとノコという事は考えにくいのだが、ノコをイメージしてしまう。こうなるとどうしても確認してみたい。

・・・自分の身長より1メートル以上高い位置に洞はある。

「そうだ!!!レンタカーの屋根に上れば洞に手が届く!」

そう思ったと同時にレンタカーの屋根に上った。一応、借り物なので体重で屋根が凹まない様に気をつけながら、立ってみる。すると、ちょうど目の高さに洞が位置した。洞の中を覗いてみる。しかし“謎クワガタ”は今まで以上に奥に入ってしまった・・・。かき出し棒を使用して格闘を始める。

この洞の奥に・・・
この洞の奥に・・・



しかし、どんどん奥に入ってしまい、全く見えなくなってしまった。・・・・・残念。これ以上無理をして“謎クワ”を傷つけてもいけないので、諦める事にした。明日もあることだし、縁があればまた会えるだろう。











しかし、悪夢はここから始まった・・・










↓ダークゾーン↓

 車から飛び降りようとした際、ある異変に気が付いた。


 レンタカーのヘッドライトが、今にも消えそうなほど
暗くなっている。


 ・・・しまった!!


 “謎クワ”ばかり夢中になって、エンジンを切った後に、ヘッドライトを消し忘れていた・・・・・。


 
時間にして、到着してから15分近くはその状態であった。


 慌ててヘッドライトを消した。


 祈る様にエンジンを掛け直してみる・・・。


 
力の無いセル音が響く・・・。



 バッテリーが上がってしまった・・・・・。




 GAME OVER・・・・・・・・・・・、では済まない。




 どうすれば良いのだろう・・・。

 ここは離島・沖永良部島。しかも山奥の林道。時計を見ると深夜1時近い。当然、近くに民家は無い。

 明かりは手元の懐中電灯のみ・・・。車を置いて、山を歩いて降りるにしても、どの位時間が掛かるのか想像もつかない。


 ふと思った。

 これって
“遭難”なのか・・・?

 そうなんです!なんてギャグを思い浮かべる余裕は、全く無い・・・。



 動揺している・・・。とにかく、努めて冷静になる様にした。




 暫く策を練った。




 そして、


 山に入る途中、某国営の基地があった事を思い出した。


 これしかない!とにかく基地まで歩いて助けを求めよう・・・。それ以外、手は無い。



 懐中電灯を片手に車を降りた。そしてここから、どの位の距離があるか分からない基地を目標に歩き始めた。




 ・・・・・暫く歩くと雨が降り始めた。本当に心細い。基地に明かりは点いているのだろうか?そして助けてくれるのだろうか?



 そして、どの程度歩いた頃だろうか・・・、前方に基地の明かりが見えた。涙をこらえ、近寄ってみる。


 
無線所の様な建物の中から、明かりが漏れている。

 「背に腹はかえられぬ」思いで、呼び鈴を鳴らしてみる。


 中から人が出てきた。


 申し訳ないながらも事情を説明してみた・・・。

 するとその方は、

 「了解しました。すぐに当直の隊員が出動致します!暫く待機願います。」

 と言って下さった。申し訳ないと思うと同時に、自分の起こした現状に恥ずかしい思いであった。


 暫くすると離れた所から、トラックなど2台の車がこちらに近づいてきた。ナンバープレートは“横長の数字だらけ”のナンバーである。



 この後、レンタカーを置いてある場所まで来て頂き、ブースターケーブルをバッテリーに繋げた・・・。

 隊員の方々は深夜にもかかわらず、制服姿で対応して頂き、その間も嫌な顔を全くせず、逆にこちらに気を使って話しかけて下さる。

 まずは先方がエンジンを掛ける。そして自分のレンタカーのキーを回す。


 
エンジンが掛かった!!


 このエンジン音!!どんなF1マシンのエキゾーストノートより、素晴らしいエンジン音に聞こえた。



 隊員の方々に対して、何度もお礼を言って普段、営業時にもしないほど頭を下げた。何度も頭を下げた。



 本当にありがたかった。

↑ダークゾーン終了↑


隊員の方々に本当に感謝しつつ復帰し、車を走らせた。流石に疲れたので宿に戻ろうと思った。




しかし、落ち着くと共に「この元凶は、あの“謎クワ”のせいだ!」と、勝手に思い込みだした。

「許せん!!成敗してくれる!!」

そう思ったら、また先程の洞のあるポイントまで車を走らせた。


程なくして到着した。今度はエンジンを掛けたまま停車する。流石に2度目のダークゾーンは許されない!


先程の洞の辺りに、光を当ててみた。


!!!!!

“謎クワ”が表に出てきている。しかも2頭とも出てきている。

すぐにその内1頭は先程の洞に逃げ込んでしまったが、もう1頭は何故か枝の先端で戸惑っている様子である。

いるじゃないか!!
いるじゃないか!!



当然このチャンスを逃す手は無いので、またもレンタカーの屋根の上がり、慎重に成敗を試みる。

・・・・・採れた!!(成敗!!)


“謎クワ”の正体は、オキノエラブヒラタ♂であった。まさに執念の成敗であった。もう1頭の“超・元凶”は、またも洞の奥に入り込んでしまい、今日は断念した。また明日リベンジする事を胸に誓い、屋根から下りた。

実際は、もう少し大きい
実際は、もう少し大きい



すぐに車の様子を確認する。

エンジンは掛かっている。大丈夫だ!!

急に体中の力が抜けてきた。時計を見ると午前3時を回っている。流石に限界だ・・・。“元気”な車を宿に向かって走らせた。



沖永良部遠征の初日から、こんな状態で大丈夫だろうか?明日以降も不安だ・・・。

今日は一日が長かった・・・。


成績オキノエラブヒラタ♂×1 タイワンカブト×1 クロマルコガネ
(確認後、最終日に全てリリース)

2日日へ

採集目次に戻る