2019.10.27(日)
千葉県・F市 5:00PM 晴れ 19℃ 同行者:ANAGO

所用で千葉県の友人宅に立ち寄る事になった。

窓の外を見ると、食べ頃の“熟れた柿”が生っている。友人が部屋の空気の入れ替えをしようと窓を開ける...。

友人宅の柿
友人宅の柿



すると友人が「柿にノコギリクワガタが居る!」と言う。時期的に見ても「まさか...本当かよ...。」と言いながら友人の指さす方向を見てみると、確かに柿の実にノコ♂が付いている。大顎の先端に柿の実が付いている事から見て、間違いなく食べるために来ているのだろう。

柿の実に来たノコ♂
柿の実に来たノコ♂



個人的にこの千葉県・北部では以前から念入りに探索を続けてきているが、まもなく11月を迎える10月27日にノコギリクワガタの野外活動を確認した事がない。そもそも柿の実に集まるクワガタと言うのも、今から40年ほど前の小学生・低学年の頃、熟れて落ちた柿の実に来ていたコクワ♂を確認して以来である。・・・その様な意味でも今回の確認は、とても嬉しかった。




友人に話を聞いてみると、先程ノコ♂が付いていた柿の木は、今から40年ほど前に友人の祖父が東京の目黒から千葉県に持ってきたモノだと言う。友人とは高校時代から30年ほどの付き合いになるが、まさかこの様な時代の流れでノコ♂が確認できるとは思わなかった。友人に感謝!

思い掛けない1日となった。
思い掛けない1日となった。


成績ノコ♂×1
(確認後、リリース)

嗚呼、2020年の樹液シーズンが待ち遠しい・・・。

採集目次に戻る