2014.06.19(木)
千葉県・某所 15:00PM 曇り時々雨 29℃ 同行者:kapiさん

2014年も6月の下旬を迎えて、やっとフィールドに出ることが出来た。親しい知人にしか詳細は話してないのだが、“人生の岐路に立つ”程の大きな大きな決断をしなければならなかった..。ホント一生の問題なので、そこには勇気が必要であったが、家族の存在や、もはやクワ仲間の存在を超えた親友のkapiさん、うしやんさん、Kちんさんの存在も大きかった。今年は現在に至るまで数多くの試練を乗り越えなくてはならなかったし、今後もそれは続く。それでも改めて大好きなクワガタ探索は続けていこうと思う。



シーズンインとしては遅すぎるかも知れないが、自分にとってはフィールドの風が久しくもあり、心地よく感じる。

樹液場に向かう前に水生昆虫の確認を行ってみようと、用水路に立ち寄ってみる。

2014年は苦労の連続
2014年は苦労の連続



何度か網を入れてみると卵を持ったコオイムシの姿を確認する事が出来た。・・・とにかく楽しい。

コオイムシ
コオイムシ




夜の帳が下りたので、樹液場に向かってみる。ワクワクする自分が嬉しい。

2014年の開幕
2014年の開幕



場所によってはまだ樹液の出てない箇所もあるのだが、頭上1メートルわずかに染み出す樹液箇所に黒い姿が確認できた。遠目であっても”それ”だと判る。

樹液に何かいる!
樹液に何かいる!



近くに落ちている枝を利用して個体を手前に導いてみる。手にとって確認してみると2014年初となるコクワ♂が確認できた。何の変哲も無い小さなコクワであるが、シーズン最初のコクワは特別なものを感じるし、特に今年は昨年までの自分とは大きく異なるので、より特別なものを感じる。

2014年、最初のコクワ
2014年、最初のコクワ



確認したコクワに感謝しリリースする。探索としては短いかもしれないが、今の自分にとっては、今回フィールドに出ることが何よりも大きな意味があったので充分満足できた。

「人生いろいろ」

誰かの歌であったり、誰かの答弁だったかも知れないが、人それぞれの人生がある。私も改めて今後の可能性を否定せず、夢と現実を見て行きたいと思えた一日であった。


成績:コクワ♂×1
(確認後、リリース)

採集目次に戻る