2013.12.15(日)へっぽこ遠征inタイ王国(4日目)
海外・タイ王国 8:00AM 雨のち晴れ 30℃ 同行者:うしやんさん(現地)


タイ王国遠征、最終日の朝。

魔琴くん、魔琴くんっ!

窓の外は雨の様であるが、それを確認するより先にうしやんさんのドアをノックする音で目が覚めた。

生憎の雨...
生憎の雨...



何が起こったのだろうと不思議に思いドアを開けてみると、うしやんさんが興奮気味に「ヨナグニサンがおる!」と言っている。寝起きという事もあり「与那国島の話を何でタイ王国でしているのだろう...」と寝ぼけ眼で考えたのだが、話をしているうちに状況が見えてきた。

未確認飛行物体?
未確認飛行物体?



タイ王国にもヨナグニサンは生息していて、昨晩のうちに宿の明かりに飛来した個体が屋根のひさしで休んでいた。

タイ王国・ヨナグニサン
タイ王国・ヨナグニサン



状況が把握出たので私もカメラを用意して画像を得る。うしやんさんも脚立を構え良いアングルを狙っている。

うしやんさん撮影中
うしやんさん撮影中



撮影を終えうしやんさんがヨナグニサンを手にとってみると、夜行性という事もあり昼間はおとなしくうしやんさんが手に乗せても羽ばたく様なことはなかった。それにしても巨大過ぎる...。与那国島遠征時はフィールド上でヨナグニサンを確認することは無かったが、まさかタイ王国でモスラに会えるとは思わなかった。

巨大すぎる!
巨大すぎる!
個体はすぐにリリースしました。




身支度を整え、宿をチェックアウトする。明るい時間帯に確認してみると改めて感じるのだが、ここの宿は施設内でも充分に灯火採集が可能な場所であり、裏山からコーカサスやテナガコガネも飛来するポイントなのである。

ホテルの敷地内
ホテルの敷地内



昨日確認したオニツヤをリリースする。宿の敷地内にてこれだけのクワガタ達が確認できるのはタイ王国ならではであろう。

オニツヤをリリースする
オニツヤをリリースする



うしやんさんが目的地に向かって車を走らせる。最終日なのであまり時間は取れないのだが、可能な限り探索を行いたいと思う。

ポイントに向かう
ポイントに向かう



途中、少し前に車に撥ねられたヘビの亡骸が道に転がってた。見たこともないヘビであった...。

見知らぬヘビ
見知らぬヘビ



いつもの場所を通過する。この場所も毎回通るたびに写真を撮りたくなる。

定点カメラ
定点カメラ



林道を抜けて、目的地のご神木に到着する。車を降りる瞬間のワクワク感が楽しい。

ご神木
ご神木



この数日、数頭のクワガタが潜んでいた樹皮めくれをチェックしてみるが、今日は何も確認できなかった..。

樹皮めくれをチェック
樹皮めくれをチェック



その他の洞や樹液場を確認してみたがクワガタの姿は確認できなかったのだが、足元を見るとモウホパーツが落ちている。全体的にシーズンの終わりを告げているのだろうが、落ちているパーツが確認できるだけでも充分雰囲気は感じられる。

モウホパーツ
モウホパーツ



他にはギラファパーツも確認できた。昨年は12月でも活動を確認できたが、今年は終わってしまった様である。7月から10月くらいまでは個体数は多い様であるが、またの機会があれば確認してみたい。

ギラファパーツ
ギラファパーツ



落ちているパーツを組み合わせて、こういうお遊びをしていた方が居たらい...。いきなりこの状態で落ちていたら誰でも驚くと思う(笑)

空想クワガタ...
空想クワガタ...



ご神木での探索を終了として、この遠征中に確認したクワガタを全てリリースする。よく「遠くまで行ったのに捕まえたクワガタをリリースするとは勿体ない...。」と言われるのだが、やっぱり今の自分は現地でクワガタの姿が確認できて写真が撮れれば、それで満足なのである。採集者としては永遠のハンパ者であろうが、自分はそれで良いと思っている。

全てリリースする
全てリリースする



・・・ご神木に感謝し、林道を後にする。




夜には日本の帰国便に搭乗するので、場所をバンコク都方面に向かって移動する。毎回、長距離運転をして下さるうしやんさんに恐縮する限りである。移動中はお互いの人生観などを語り合う、非常に有意義な時間となっている。クワガタ探索だけではなく、この会話の時間もタイ王国遠征の大きな理由になっている。

バンコク都方面に向かう
バンコク都方面に向かう



昼食の時間なので道路沿いの店に立ち寄る。毎回「カーオ・カー・ムー(豚足めし)」は食べていたが、最近「カーオ・マン・カイ(蒸し鶏のせ飯)」は食べてなかったので、久々にオーダーしてみる。日本でもそうであるが、同じ料理であっても店によってずいぶん完成度は異なる。

カーオ・マン・カイ(蒸し鶏のせ飯)
カーオ・マン・カイ(蒸し鶏のせ飯)



タイ王国の食事中、毎回に気になっていたのが、爪楊枝の両端が尖っている事である。日本は片側だけ尖っているのが通常だが、タイ王国ではこのタイプが主流である。

タイ式爪楊枝
タイ式爪楊枝



食事後、再び車を走らせる。大きな交差点で信号待ちをすると、必ずと言って良いほど花売りが停車中の車を縫ってくる。見た感じそれほど儲かる商売には見えないのだが、タイ王国らしい光景であり、信号待ち時には花売りの存在を意識してしまう。

花売り
花売り


・・・走ること数時間。

目的地に到着する。今回最後の探索場所であり、4年前の第1回タイ王国時にも足を運んだポイントになる。ここは私が初めてチェリフェルネブトを確認した場所であり、数年ぶりに訪れてみたが雰囲気はそのままであった。

久々の樹液ポイント
久々の樹液ポイント



近付いてみると洞から樹液がだらだら流れ出ている。大物が潜んで居そうな雰囲気が感じられる。

樹液だらだら
樹液だらだら



洞の周辺をチェックしてみると大きなチェリフェルネブト♂が確認できた。すぐにデジカメのシャッターを切る。

クワガタ確認!
クワガタ確認!



日本のネブトと違ってチェリフェルネブトは大型個体になると、オオクワの様な存在感を感じる。最後にタイ王国らしいクワガタを確認できて良かった。感謝しつつ即リリースする。

タイ王国・チェリフェルネブト♂
タイ王国・チェリフェルネブト♂



私がチェリフェルネブトの撮影を終え周辺を見渡すと、うしやんさんが小さなタマムシの撮影をされている。近付き確認してみると、これがタマムシなのか?と思うほど小さな甲虫が葉の上に佇んでいた。

小さなタマムシ
小さなタマムシ



この山は寺院と繋がっているので、至る場所で仏像の姿が確認できる。本日はもう少し奥へ入ってみることにする。

タイ王国らしい雰囲気
タイ王国らしい雰囲気



「大きな鳥がいるなぁ」と思ったら孔雀であった。この孔雀、私の姿を見るなり大きな羽を広げた。まさにジュディ・オングよろしくの「Wind is blowing from the Aegean...」が頭の中をよぎる。・・・横にいるうしやんさんは同じフレーズを口ずさんでいた。

おんなはうみ〜♪
おんなはうみ〜♪



林道を進んでいく。・・・何か足元で妙な殺気の様なものを感じたので目をやると、キングコブラが佇んでいた。おもわず声が出るほど驚いてしまった。うしやんさんは大笑いしている...。タイ王国というアメージングな場所に居るので“何が出てもおかしくない状況”であるが、落ち着いてよく見れば“像”であった...。因みに孔雀は神経毒に耐性がある様でコブラの天敵らしい。先程、孔雀を見ているだけにリアルな焦りを感じてしまった...。

死ぬほど驚いた...
死ぬほど驚いた...



林道にクワガタの姿は確認できなかったので、車を停車してある場所まで戻る。この周辺は4年前にテングビワハゴロモを確認したことがあったので、樹をチェックしてみると数頭のそれらしき個体が見える。

ここも久々のポイント
ここも久々のポイント



近付いて確認してみると、やはりテングビワハゴロモだった。樹を見渡すと結構な個体数が確認できる。4年ぶりという事もあり、懐かしさすら感じる。ちなみに素手で捕まえようとしても、寸前のところで必ず強力な後ろ脚で飛び去ってしまい、網がないと捕獲は難しい。

タイ王国・テングビワハゴロモ
タイ王国・テングビワハゴロモ



テングビワハゴロモの樹の周辺に小さな水溜めがあるので、何気なく覗き込んでみると、昨年12月に確認した中型のゲンゴロウ2種がここでも確認する事が出来た。昨年の確認時もそうであったが、このクラス(ハイイロゲンゴロウ位の大きさ)のゲンゴロウは大きな沼や溜池よりも1メートル四方の水溜めの方が確認しやすい気がする。今年もタイ王国のゲンゴロウの姿が確認できて良かった。

ゲンゴロウも確認
ゲンゴロウも確認



そろそろ帰国便の時間の関係上、都市部へと戻らないといけない。車に乗り道を進む。途中、道路脇に様々な仏像などが確認できたり、驚いたのは民家の軒先でネットを張りセパタクローを楽しむ若者の姿も見ることが出来た。改めてタイ王国らしい良さを感じる。

まもなく夕暮れ...
まもなく夕暮れ...



タイ王国でどこでも目にするのは、ラーマ9世(プーミポン アドゥンラヤデート国王)に敬意を表する装飾された額をよく目にする。一般の民家でも同様に国旗なども多く掲げられており、国民性がよく出てると思う。

どこでも敬意を表されている国王
どこでも敬意を表されている国王


うしやんさん宅の近くに“美味しい春巻き”が食べられるというので、タイ王国最後の食事を迷わずそこに決めた。まずはビールで乾杯。日本では驚くかもしれないが、ここタイ王国ではビールに氷が入っている事は珍しい事ではないらしく、どの店でも普通に氷を入れてるのを目にする。

タイ王国では普通
タイ王国では普通



オーダーした春巻きが運ばれてきた。こちらでは「ポピア・トート」と呼ばれている様子である。とにかく食べてみる。
もの凄く美味しい!日本で馴染みのある春巻きは、中の具が野菜中心であるが、こちらは肉が中心なので感覚的には“つくねを皮で巻いて揚げた様な春巻き”に感じる。とまらない美味さである。

最高に美味いポピア・トート
最高に美味いポピア・トート



次に豚の揚げ物が運ばれてきたのだが、これも最高に美味しい。酒飲みには最高の一品になるであろう。私は最近、酒は抑え気味であるが、白いご飯があれば惣菜として充分に成立する美味しさである。

ムー・デーディアオ(豚肉の一夜干し)
ムー・デーディアオ(豚肉の一夜干し)

うしやんさん、料理名の詳細ありがとうございます。


・・・楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

日本に帰る便の時間になってしまい、スワンナプーム空港まで送っていただく。スワンナプーム空港は青を貴重とした美しい空港であるが、この青色を見ると初日は希望を感じ、最終日は寂しさを連想させてくれる。

スワンナプーム空港
スワンナプーム空港



いつも通り出国ゲートまでうしやんさんは見送りに来てくださる。今まで年に3回は遠征していたタイ王国であったが、今回は1年ものブランクが空いてしまった。それでも改めて声を掛けてくださり今回の遠征が実現したのもうしやんさんのお蔭である。この第11回タイ王国遠征も会心に近い楽しい旅となった。今回の遠征中、うしやんさんはこのタイ王国で親しくなった「元たま」の知久寿焼さんのお話をしてくださったが、この数年でうしやんさんを訪ねてこのタイ王国に足を運ばれた虫好きの有名人・研究者の数は少なくない。タイ王国というアメージングでミステリアルな場所というだけではなく、うしやんさんのお人柄がよりそうさせているのだと強く感じる。実際、私もうしやんさんでなければ11回も海外であるタイ王国には足を運んでないはずである。うしやんさんにはご本人なりにタイ王国に在住する経緯やご苦労もあるはずなのに、それを全く感じさせない。それどころか全ての環境を楽しみ、周りの人を引き寄せるお人柄に感服する限りである。私は本当に良い方に巡り合うことが出来た。改めてうしやんさんに大感謝申し上げたい。

最高に楽しかった!
最高に楽しかった!



・・・タイ王国、最高!!


ありがとう タイ



成績チェリフェルネブト♂×1
(確認後、リリース)





・・・スワンナプーム空港を夜中の24時過ぎに出発する。日本に帰国する時間は早朝になるので、可能な限り寝ておきたい。幸いにして3席あるシートの真ん中で左右に客が座らなかったので、3席分楽に座ることが出来た。長時間のフライトになるのでこれは大きい。今回の遠征は今までの中でも指折りの楽しさだったので、心にもゆとりがあり最高に気分が良い。・・・いつしか意識は夢の中へと消えていった。

日本に向かう
日本に向かう



・・・タイ王国を発って5時間で成田空港に到着する。気温は限りなく0℃に近い。数時間前まで30℃の世界に居たので寒さが身に凍みる。この気温差が海外遠征した事を実感させてくれる。今日は日付が変わってもう月曜日の早朝である。一度帰宅してから出勤しなければならない。いつもは現実に戻る重い瞬間なのだが、今回は不思議と気分が軽く感じる。良い旅であった証であろう。

ただいま
ただいま



・・・入国審査を受け、京成に乗り都心に戻る。

・・・2013年師走の生活が始まる。


へっぽこ遠征 in タイ王国Part11 ...完

採集目次に戻る