2013.10.05(土)
広島県・某所 10:00AM 雨 21℃ 同行者:身内

広島探索、2日目の朝。

窓の外を確認すると、予想外の雨模様であった...。確か昨晩の天気予報では日中は持ちそうな話になっていたのだが、台風の進路が本州よりに向いた事もあって雨が早まってしまった様子である...。

雨の広島
雨の広島



レンタカーに乗り目的地へと向かう。既に身内は一足早く現地入りして畑仕事をしているという。それにしても雲は厚く、雨も止みそうな気配が感じられない...。

目的地へと向かう
目的地へと向かう




目的地へ到着し身内と合流する。雨の振る中、藪漕ぎを行い昨年の実績ある溜池へと歩を進める。

身内と共にポイントへ
身内と共にポイントへ



溜池に到着し周辺を見渡してみる。昨年の今頃はオオギンヤンマの姿も確認で来たのだが、今回は冷たい雨も降っておりトンボの姿は全く確認できない。

実績のある池
実績のある池



条件的に微妙にも感じるが、とりあえず持参したゲンゴロウ用のトラップを設置する。今回も昨年同様にサンマの頭を使用する。

サンマをセットしたトラップ
サンマをセットしたトラップ



このあと数箇所の溜池を回り、ゲンゴロウ用のトラップを設置していく。

雨は降り続く...
雨は降り続く...


ゲンゴロウ用のトラップを設置しながら、クワガタ探索も行う。広島と言えば身内の山にある“ご神木”が定番であるのだが、今回はあえてご神木には立ち寄らず、新規のポイントをチェックしていく。・・・すると、樹皮の隙間にクワガタの影が確認できた。

樹皮の隙間にクワガタが!
樹皮の隙間にクワガタが!



掻き出し棒にて個体を確認してみるとコクワ♂であった。10月に入ると樹液場でのクワガタの姿は確認し難くなってくるので、まだまだ元気な姿で活動しているコクワの姿は嬉しい。

広島県・コクワ♂
広島県・コクワ♂



更にもう1頭クワガタが確認できたので、引っ張り出してみるとスジ♂であった。大型で、かなり赤い個体であり存在感のある広島のスジ♂であった。

広島県・スジ♂
広島県・スジ♂



確認したコクワとスジは感謝と共にリリースする。とりあえずクワガタの姿は確認できたので、再び水生昆虫探しへと戻ることにした。

止まない雨...
止まない雨...


何度か訪れている身内に知り合いの田んぼに到着する。田んぼの時期も終わり、水路の水も少ないが網を入れてガサゴソしてみる。

ガサゴソ開始!
ガサゴソ開始!



しばらく夢中になって網を入れてみると、ヤンマのヤゴやコオイムシ、アカハライモリなどが数多くネットインした。目的としたゲンゴロウやタガメの姿は確認できなかったが、こういうのは年齢関係なく楽しいものである。全てをリリースする。

水生生物各種
水生生物各種


結局、夕方まで土砂降りの雨は止まなかった...。とりあえず仕掛けたゲンゴロウ用のトラップの確認と回収を行ったが、今回は残念ながらナミゲンゴロウの姿は確認できなかった...。

土砂降りの一日だった...
土砂降りの一日だった...



昨年が良かっただけに今回のナミゲンゴロウ未確認は残念だったが、今年の7月の広島探索もそうであった様に生き物相手のことであるし、やはりナミゲンは「そう簡単には確認できないのだろう...」と感じた。明日は広島探索の最終日であるが、再びこのポイントを訪れる予定なので可能性に掛けてみたいと思う。

夕食の某ラーメン
夕食の某ラーメン


成績:スジ♂×1 コクワ♂×1
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る