2012.10.14(日)へっぽこ遠征inタイ王国(4日目)
海外・タイ王国 7:00AM 晴れ 31℃ 同行者:うしやんさん(現地)


タイ王国遠征、最終日の朝。

本日はバンコク都に戻るので、早朝にダンサーイの街を出発する。周辺は昨日以上に霧が掛かっている。標高が高い街なので、おそらく雲が降りているのだろう。幻想的でオリエンタルな雰囲気が素晴らしく、まさに”旅”を意識する。

早朝のダンサーイ
早朝のダンサーイ



街中を通ると早朝にも拘らず、街は活気付いている。とりあえず朝食を得られそうな場所を探してみる...。

もう街は起きている
もう街は起きている



街が賑やかだと思ったら、どうやら朝市が開催されている様子であった。様々な店が出ているので見て回る。大体は野菜や日用品などの販売であり、地元の方が生活に必要なものを購入するバザールという感じで、怪しいウルトラマンは売ってなかった...。

朝市の風景
朝市の風景



うしやんさんが屋台で「ムーピン」を購入。豚肉を一口大に切ったサイズを竹串に刺して、焼き鳥の様にあぶり焼きにしたもので、日本でいう所の「やきとん」である。味付けも醤油ベースで日本人の口にもよく合う。

ムーピンを購入
ムーピンを購入



ダンサーイの街の中で良く見かけるのが「サムロー」。タイ語で“オート三輪車”の意味を持つ三輪タクシー。、日本の旅行雑誌などには“サムロー=トゥクトゥク”と表記されることが多い。

トゥクトゥクではない?サムロー
トゥクトゥクではない?サムロー



ムーピンを食べながらダンサーイの街を後にする。今年は2度に亘りタイ王国北部へ遠征したのだが、良い経験が出来たと思う。確認出来なかったクワガタやカブトムシはまだ多いのだが、自分なりに納得は出来たので、ひと段落つけたと思う。

収穫したトウモロコシを運ぶ
収穫したトウモロコシを運ぶ


・・・長距離移動を開始する。いつもこの車での移動中は、タイ王国在住で頑張るうしやんさんとお互いの人生観など非常に濃い話をする場になっている。今回はいつもとちょっと違った話題になったが、普段気付けない非常に良いお話が出来たと思う。

交差点では花売り
交差点では花売り


途中、昼食を兼ねてロードサイドの店(ガスステーション&コンビニ&フードコートの複合店)に立ち寄る。フードコートを見て回ると、今回まだ食べてなかった「カーオ・マン・カイ」があったので迷わず選択する。オバチャンが手際よく盛り付けを行う。

昼食タイム
昼食タイム



いわゆる“蒸し鶏丼”であるが、タイ王国遠征時に確実に食べる逸品である。今回は50バーツ(150円)。少々高めの設定だが味は良かった。基本ライスはスープで炊いているので味付きである。小皿に乗ったピリ辛タレは鶏にかけて食べるのだが、これが無いと物足りなく、店によって味の個性が出やすい。レバーの様に見えるものは「ルーアッ」と呼ばれていた気がする。確か鶏の血を固めたものだったと思うが、特に臭みも無く普通に頂けた。因みにタイ語で“美味しい”は「アロイ」。とても美味しいは「アロイ・マーク」。

カーオ・マン・カイ(蒸し鶏のせ飯)
カーオ・マン・カイ(蒸し鶏のせ飯)




ダンサーイの街を出て約6時間。ようやくバンコク都に戻って来ることが出来た。長距離を一人で運転されたうしやんさんに改めて感謝である。それにしてもバンコク都に入った瞬間から道路は大渋滞。今回は初日から大渋滞を目の当たりにしているが、東京の渋滞より深刻だと感じる...。

バンコク都内に戻ってきた...
バンコク都内に戻ってきた...



まずは旅の疲れを癒すためにタイ古式マッサージを受ける。東京では駅中など10分100円(60分6000円)くらいであるが、タイ王国は2時間コースで店にもよるが300バーツ(900円)から500バーツ(1500円)程度なので非常にリーズナブル。日頃から接骨院に通う身としては、遠征時に確実に寄りたい場所である。よく日本のお笑いの罰ゲームで“もの凄く痛がるイメージ”があるかも知れないが、力加減も可能であるし、実際は気持ち良くて寝てしまう程である。因みにタイ語でマッサージは「ヌアット」。タイ古式含めて「ヌアット・ボーラーン」。あえて“タイ古式”と表記しているのは、繁華街などでタイ式マッサージ的な如何わしい店もあったりするので、確実に疲れを取るマッサージなら「ヌアット・ボーラーン」。

タイ古式マッサージを受ける
タイ古式マッサージを受ける



夕食はタイ王国在住のきっちゃんさんと、前回の遠征でお会いしたカオヤイさんとの食事会である。場所は「タイスキ」で有名な「MK」。更に今回はGOLDの名が付く高級仕様のMKになった。この「MK」というタイスキの店はバンコク都内に数多く存在し、日本でも新宿などで目にする事がある有名店である。

高級タイスキ店
高級タイスキ店



カオヤイさんがお持ちになったPCにタイ王国での活動の記録が残されているのだが、拝見してみるとタイ王国北部で見たというカブトムシサイズの糞虫にインパクトを受ける。”食事中に糞虫話”というのも品が無いかも知れないが、“ゾウの落し物”がデカければ、それに潜る糞虫もデカイという話はタイ王国らしいお話だった。

アロイ・マーク
アロイ・マーク



・・・時間が来たのできっちゃんさん、カオヤイさんとお別れする。タイ王国在住の日本人の皆さんとの会話は本当に楽しかった。きっちゃんさんの恋愛話に進展が無かったのが唯一の残念であったが、次回に期待したいと思う。今回もタイ王国に住む日本人の皆さんから元気を戴けた。




うしやんさんにスワンナプーム空港まで送って頂く...。毎回、帰る間際の青いライトに物悲しさを感じてしまう...。

新バンコク国際空港
新バンコク国際空港



うしやんさんに感謝を述べ握手をする。仕事がお忙しい中3泊4日の遠征をアテンドして下さり、特に今回はいつも以上に負担が多かったはずなので、恐縮する限りである。改めてうしやんさんには今回もお世話になってしまった。“へっぽこ”に9回もタイ王国を体験させて戴き、心より感謝である。名残りを惜しみながら出国ゲートを潜る...。


国際線は待ち時間が長いので「バーガーキング」に入り時間を潰す。・・・今回の遠征は初日にバンコク都内を電車で回り、いつもとまたひと味違う良い経験が出来た。様々な面で今後に活かしていきたい...。

国際線は待ち時間が長い...
国際線は待ち時間が長い...



搭乗時刻になったので日本に帰る飛行機に乗り込む。今回は往復共にタイ航空であったが、何一つ問題なかった。最近貯めていたJALマイレージは増えないが、航空運賃はタイ航空の方が安いので、また遠征する機会があれば各自比較していこうと思う。

日本に帰ろう
日本に帰ろう


ありがとう タイ



成績ボ〜ズ





・・・なかなか寝れない。


長時間の飛行機内では時間の過ごし方が大事なのだが、今回は運悪く後ろの座席に落ち着かない人が座ってしまったので、なかなか寝付けなかった...。こればかりは運も左右するので仕方が無い...。こちらがうつらうちら舟を漕ぎ始めた頃、後ろの座席より「ドンッ」と大きな振動が来たり、座席テーブルを遠慮なく「バタンッ」と閉じられると、当然驚くと共に憤りも覚える...。航空機内の狭い座席間ではストレスを感じる事もあるのだが、自分は可能な限り周りに気を遣いたいと意識している。


映画を観たり、ゲームをしながら時間を潰していると、窓の外が青白くなってきた。疲れと眠気でボンヤリしているのだが、暫くすると東の空から太陽が昇ってきた。文字通りライジングサンであり“日出ずる国”に相応しいものを感じる。もしかするとこの瞬間がタイ王国遠征の中で一番日本を感じてるかも知れない。高度10000メートルで見る太陽は神秘的なものを感じる。

RISING SUN
RISING SUN



・・・まもなく成田空港に到着する。飛行機を降りた瞬間からスイッチを日本での“仕事モード”に切り替えなければならない....。まぁそれを承知で遠征しているので仕方ない...。まだ“現実逃避モード”が抜けてないせいか、成田空港に着陸態勢に入った頃「そういえば今年は南西諸島に一度も行ってなかった...。」そんな考えも過ぎったが、今年は南西諸島に遠征しないシーズンになりそうである...。また来年“気持ちの溜め”を作り、本当に行きたい場所を見定めながら活動を行っていければと思う。

2012年、遠征終了...か?
2012年、遠征終了...か?


へっぽこ遠征 in タイ王国Part\ ...完

採集目次に戻る