2012.06.15(金)へっぽこ遠征inタイ王国(2日目)
海外・タイ王国 9:00AM 晴れ 33℃ 同行者:うしやんさん(現地)

タイ王国遠征、2日目の朝。・・・寒さに驚き目を覚ます。

昨晩、入室時に電源を入れたエアコンが18℃設定のまま寝てしまった様で、危うく体調を崩す所であった。

タイ王国の朝
タイ王国の朝



身支度を整え宿をチェックアウトし、うしやんさんと共に朝食を取りに街に出る。朝食は店に入り雑炊をオーダーする。運ばれてきた雑炊を見るとパクチーが多く入っている。以前はパクチーの青臭さがダメであったが、最近は逆に美味しさを感じる様になってきた。タイ人に近付いてきたのだろうか?

朝食は雑炊
朝食は雑炊



うしやんさんの所用もあって、カオヤイさんのお仕事場にお邪魔する。カオヤイさんはタイ王国にて働く日本の方で、休日は昆虫や花の写真を撮りに山に向かわれるジェントルマンな愛好家であった。巨大糞虫のお話など本当に楽しい、リラックスできるひと時であった。

カオヤイさんに会いに行く
カオヤイさんのブログ「タイの自然と風景2


途中のガスステーションで給油しながら目的地を目指す。国道など大きな道路沿いにあるガスステーションのほとんどは、コンビニやフードコートを併設している。トイレもあるので、自動車ライフには凄く便利な組み合わせだと感じる。

大体セットです
大体セットです



セーウェン(セブンイレブン)にて「コカ・コーラゼロ」を購入。タイ王国でもゼロカロリーが楽しめるのは嬉しい。味は全く同じだと思われる。

タイ王国のコカ・コーラゼロ
タイ王国のコカ・コーラゼロ



目的地まで500km近くも移動するので、車内での時間はうしやんさんと人生について語り合う。タイ王国に来る事によって、世界という物差しで見た時「自分は、どうあるべきか?」というものも冷静に見る事も出来るので、非常に有意義な時間になる。

ふと気付くとうしやんさんの車の中に某紙のギラファ特集号があるので拝見すると、なんと!うしやんさんの名前が載っている。凄いことだと思う。

信号待ち=花売り
信号待ち=花売り




目的地へと向かう事、数時間。まだまだ先は長い事もあり昼食を取る事にした。「カーオ・カー・ムー」があったので迷わずオーダーする。トロトロに煮込んだ豚足飯なのだが、これも大好きなタイ料理である。昨晩の蒸し鶏ご飯の「カーオ・マン・カイ」同様、オススメの一品である。

カーオ・カー・ムー(豚めし)
カーオ・カー・ムー(豚足めし)


長い長い道のりなので、数回の休憩を行う。その度にセーウェンにて飲物やお菓子などを買い込む。日本のセブンイレブン同様、日用品なども購入できるので、旅に持ってくるのを忘れた場合などリカバリーできるのが嬉しい。因みにタイ王国の宿は、歯ブラシセットや石鹸などのアメニティグッズは無いものだと思っていたほうが良い。

セーウェンにて買い物
セーウェンにて買い物


約500kmの長距離を終える頃には日も傾いていた。本当に丸1日運転して頂いた、うしやんさんに感謝である。

タイ王国の美しい夕日
タイ王国の美しい夕日



予定していた場所にてライトトラップの準備を行う。標高1000メートル弱の吹き上げにて行うライトトラップは初めてなので、非常に興味深い。

今夜は吹き上げ
今夜は吹き上げ




夏至が近い事もあり夕暮れが遅いのだが、時の経過と共に夜の帳が下りたのでHIDのゴングを鳴らす。月齢も調整しての遠征なので、未知なるものの飛来に胸躍らせながら、夢の時間が始まる...。

ゲル・ドルバ照準
ゲル・ドルバ照準



少しすると、蛾に混じって小さなコガネ系が飛来した。やはり第一甲虫の飛来は期待が高まる。

第一甲虫、飛来
第一甲虫、飛来



大型甲虫の飛来を待っていると、軽そうな羽音が着地したので確認してみると、タイ王国のどこでも飛来するセミであった。小さなセミでも派手に飛び回るので結構鬱陶しい...。

いつものセミ
いつものセミ



近くの東屋に甲虫が飛来してないかとLEDライトを当ててみると、巨大なトッケイが獲物を狙っていた。とにかく規格外な大きさで、しかもその名の通り「トッケイッ!トッケイッ!」と鳴く、インパクト絶大なヤモリである。

20cm以上あるトッケイ
20cm以上あるトッケイ



甲虫はなかなか飛来しないが、他の虫はそれなりに集まっており、中型のカマキリも数頭確認できる。どの個体もライトに集まる蛾を狙っている様で、偶に同種が至近距離に近付くと、気付いた方が驚いて飛び去る光景を何度か目にした。

タイ王国・カマキリ
タイ王国・カマキリ



今回はコオロギも数種類集まっている。日本でも晩夏になるとライトトラップに多くのエンマコオロギが集まってくるが、タイ王国では数種類のコオロギが反応している様である。因みにこれも日本同様、ライトの明かりに向かってホタルも集まってくる。

タイ王国・コオロギ
タイ王国・コオロギ



待ち続けていると、ようやく大型甲虫らしき存在が目に入った。急いで確認してみるが、残念ながらクワガタでは無かった...。

クワガタが来ない...
クワガタが来ない...



その後も少しずつ甲虫の飛来は増え始め、これもタイ王国では良く見かける巨大コメツキも確認できた。ヤマトタマムシほどの大きさである。

タイ王国・巨大コメツキ
タイ王国・巨大コメツキ



いつの頃からかウーニャーと鳴き声が聞こえ始めたので、鳴き主に目をやると小さなネコが佇んでいた。どうやら腹が減っているらしい。夜食用に持っていたツナを与えると、シャーっと威嚇しながら食べていた。最初はかなり警戒していたが、ツナをあげている内に近くで丸くなっていた。

ニャル子
ニャル子


HIDのバッテリーも残り僅かになった頃、ドカッと大型甲虫らしき物体が落下してきた。興奮しながら個体を確認してみると、巨大なコガネであった。見た感じコフキコガネの仲間であろうか?大きさとしては日本のカブトムシ♀と同じくらいであったが、可能であればタイ王国のカブトムシであって欲しかった...。

タイ王国・巨大コガネ
タイ王国・巨大コガネ



・・・バッテリーの持つ限りHIDライトトラップを行ったが、結局クワガタ&カブトムシの飛来は無かった。

それでも雰囲気は充分に味わえた。明日もまた同所にてHIDライトトラップを試みるので、更なる飛来を期待したい。




ライトトラップを撤収し部屋に戻る。今回はライトポイントから歩いてすぐに部屋に戻れる絶好の場所なので、移動が非常に楽である。とりあえずシャワーに入ろうと準備すると、なんと故障している様で使用できず、汗だくなのに今晩はシャワーに入れない...。ある意味ダークゾーンであるが、時間も遅く修理不可能なので「自分に足りないワイルド率↑UPに繋がるだろう...」と無理やり前向きに捉え、今晩はこのまま寝ることにした...。

ワイルドな部屋だぜぇ
ワイルドな部屋だぜぇ



・・・寝ようと部屋の明かりを落とすと、何かが部屋の中で光っている。

・・・ホタルだった。

まさか部屋の中でホタル狩りが出来るとは、タイ王国おそるべし。



成績:ボ〜ズ

3日日へ

採集目次に戻る