ご注意!

2015年5月1日、石垣市条例で、チャイロマルバネクワガタヤエヤママルバネクワガタヤエヤマノコギリクワガタ採集禁止となりました。詳細は、石垣市サイトにてご確認下さい。


2011.10.21(金)へっぽこ遠征in先島諸島(1日目)
沖縄県・石垣島 4:30AM 曇り 29℃ 同行者:kapiさん

2年ぶりの石垣島遠征。

久しぶりにチャマル探索に興味が湧いてきたので、遠征を試みる事にした。石垣島は観光地としても有名であり、市街地では食事する場所やコンビニも多く、不自由のない快適な島だと感じている。南西諸島の中では無理をしなければ探索しやすい島なので、時期的にも採集者が多いと思われるが、マイペースで楽しんでみたい。

八重山諸島・石垣島
八重山諸島・石垣島



羽田空港に向かうため自宅を出発すると、外はまだ漆黒の闇に包まれていた...。今の時期は日の出時刻も遅く南国仕様のシャツ1枚では寒さすら感じる。

夜明け前に出発
夜明け前に出発



羽田空港に到着する頃には日も昇り明るくなってきた。石垣島の場合、朝一の直行便に乗れれば、午前中からチャイロマルバネ探索が楽しめるので朝早く辛いところであるが、少々無理をしてでも直行便を選択している。

羽田空港
羽田空港



全て順調に石垣島へと飛び立つことが出来た。朝早かった事もあり、すぐに眠ることにした...。




・・・羽田空港を発ち約3時間。眠りから覚めると、まもなく石垣島へと着陸態勢に入った。


2年ぶりに石垣島へと降り立つ。「おーりとーり」の看板が懐かしい。

機内預けをしていた荷物と5メートルの長網の竿を受け取り、予約しておいたレンタカー屋を探す。

石垣空港到着
石垣空港到着



毎回決めている融通の利くレンタカー屋から車を借り、早速探索の準備に取り掛かる。

レンタカーを借りる
レンタカーを借りる



とりあえずコンビニにて身支度を整える。石垣島にはコンビニが多く存在するので本当に助かる。朝早かったせいか、小腹が減ったのでスパム系のおにぎりを購入する。自分にとってこれも南西諸島を感じる一品なのである。

コンビニにて身支度
コンビニにて身支度


石垣島が初めてのkapiさんと話をしている内に目的地に到着。共に5メートルの長網を装着する。自分の長網はいつ以来だか忘れているほど久しぶりの投入になる。おそらくkapiさんと2本同時投入は初めてになるかも知れない。それほど今まで“緩い探索”をしていたのだろう...。

久々の5メートル×2
久々の5メートル×2



それにしても暑い!今朝方自宅を出発する頃は寒さすら感じていたのに、さすが南西諸島の石垣島。気温はおそらく30℃近くあるであろう。空を見上げると完全に夏色の雲であり、普段のストレスなど忘れさせてくれる素晴らしいひと時を感じる。

夏色の石垣島
夏色の石垣島



チャイロマルバネ探索を開始する。少しすると葉の裏に子を守るカメムシの姿があった。南西らしいメタリックな存在になっていくのであろう。

子を守るカメムシ
子を守るカメムシ



石垣島は10月後半でもセミの個体数は多い。目の前に居る個体はイワサキゼミだろうか?鳴き声からして何種類か存在すると思われる。

セミが多い
セミが多い



目を凝らしススキを確認していくと久しぶりのコオロギが佇んでいた。樹にも登るし葉にも付いているので、チャイロマルバネを探していると気になる存在なのである。確かマダラコオロギという名だった気がする。

...間違えやすい
...間違えやすい



チャイロマルバネ♂が飛来しそうな“風通しの良さそうな吹き上げ”を集中して確認していく。今までは少し時期を遅くしての石垣島であったので、林道全てをチェックしていたが、今回は発生時期としては良い頃合だと思っているので確認する視点を少し変えている。

目を凝らしてみていく
目を凝らしてみていく



しばらくするとクロカタゾウムシが確認できた。これも石垣島らしい虫だと感じている。誰が言ったか“鉄アレイ”とは上手い表現だと思う。

クロカタゾウムシ
クロカタゾウムシ


1時間以上探索を続けていくと、やっとススキに佇むチャイロマルバネ♂の姿を確認する事が出来た。自分達以外にも多くの採集者が入っているので簡単ではないと感じていたが、まずは一安心である。実はこの個体の他にもう1頭チャマルを確認したのだが、捕獲しようと近付いた瞬間、藪の中に落ちてしまい見失ってしまった...。非常に敏感であり、ちょっとした振動でも簡単に落下してしまう。

石垣島・チャイロマルバネ♂
石垣島・チャイロマルバネ♂



とりあえず1頭確認できたので、一度市街地に戻り昼食を取ることにした。




チャマルも確認できた事であるし、せっかくの石垣島なので石垣牛を堪能することにした。久々に食べたが最高に美味しかった。

石垣牛を堪能
石垣牛を堪能


・・・昼食後は夜のヤエヤママルバネ探索に備え、下見を行うことにした。

一応今回はチャイロマルバネ探索がメインと考えての遠征なので、それほどタフなヤエマル探索は予定してないのだが、せっかくなので下見を行いkapiさんと打ち合わせしていく。どうやらkapiさんは森ではヤエヤママルバネよりも“ヤエヤマオオコウモリ”を見てみたいらしい。

夜の下見を行う
夜の下見を行う



・・・と、ヤエヤマオオコウモリが居ないものかと少々見渡していくと、超至近距離にヤエヤマオオコウモリがぶら下がっていた。

あまりの近さに驚きながらカメラを用意すると、オオコウモリは慌てて飛び去ろうと私の真横を通過した。

こちらも大慌てでシャッターを切る。一瞬の出来事だったので1枚しかシャッターは切れなかったが、一応は画像を得ることが出来た。

超至近距離にヤエヤマオオコウモリ!!
超至近距離にヤエヤマオオコウモリ!!



・・・とりあえずkapiさんは喜んでいた様である。


それなりに下見を終え夜の帳を待っていると、他の採集者が数名居たので少々話をしてみる。どうやらかなり若い方々で装備もプロ仕様に窺えた。当然ヤエマル狙いとの事でギネス個体の話などをされていた。・・・他の方とバッティングしても仕方が無いので、別の場所に移動する事にした。

羽化を待つセミの幼虫
羽化を待つセミの幼虫



・・・場所を移動し車を降りようとした瞬間、右太ももにビリッと電気が走った。どうやら酷くつった状態の様であり、しばらくその場で固まってしまった。常日頃からウォーキングなど心掛けているのだが、運動不足が祟ったのであろう...。やはりクワガタ探索には体作りも重要だと感じる。・・・しばらく回復に時間を要したが、なんとか林道に足を向ける。

元々ヤエヤママルバネ探索には重点を置いてなかったので、あまり他の採集者とバッティングしない場所を選択しながら探索を進める。所々で雰囲気のあるシイを確認するがヤエマルの姿は確認できない。途中、樹に黒い物体が数頭居るので確認してみると全てゴキブリであった...。

ゴキ天国だった...
ゴキ天国だった...



前回の遠征で大歯型のヤエヤママルバネを確認した樹もチェックしてみたが、何も居なかった...。

前回のポイントにも居ない...
前回のポイントにも居ない...



周辺を見渡し採集記用に数枚写真を撮って、この場を後にした...。

(2015年5月9日追記)・・・数年経って、、、写真の整理をしていて気付いたのだが、この時撮影した画像の中にヤエヤママルバネ♂が移り込んでいた。拡大画像で見た感じおそらく大歯型だと思われる。このことから「いなかった...。」ではなく、“見つけられなかった”という事になる。いかに勝手な思い込みや先入観だけで探索しているかが良く分かる(笑) 過去の自分から学ぶことができて良かった。

中央右辺りに・・・(笑)
中央右辺りに・・・(笑)
拡大画像は、こちら


・・・その後もう少し探索を行ったが、ヤエヤママルバネは確認できなかった。

時期的に個体は発生していると思われるが、他の採集者が多く入っており、右足も痛いので今晩は無理せず宿に戻ることにした。

夜は軽めで終了...
夜は軽めで終了...



・・・早めの宿に戻り、明日に備えようと横になる。疲れはあるのに寝つきが良くない...。

最近は国内の離島に以前ほど積極的になれない自分が居たりする...。結果云々よりも何度か足を運んだ場所には、どこか新鮮味を感じなくなってるのかも知れない。国内離島の採集シーズンは全国から多くの採集者が集まってくるのだが、良く言えば彼らの邪魔をしたくない気持ちと共にノンビリとフィールドを楽しみたい気持ちもある。・・・やはり私は虫屋ではなく散策者なのであろう。

・・・明日もチャイロマルバネ探索を中心に行っていこうと思う。



成績チャイロマルバネ♂×1
(個人持ち帰りなし)

2日日へ

採集目次に戻る