2010.07.09(金)
千葉県・某所 21:00PM 曇り 24℃

仕事終了後、近場の樹液を確認しに行く事にした。
大物は確認できないとしても、そろそろノコ辺りが集まっていても良いと感じながら車を走らせる。

カミキリは多い
カミキリは多い



目的地到着後、早速確認してみると樹液は以前より出が良くなっている。

・・・しかし、午前中に強く降った雨のせいで樹皮は完全に水浸しになっており、樹液も雨で流されていた。

樹液が雨で流れている
樹液が雨で流れている



それでもコクワ♀は確認できた。その他、ヨツボシケシキスイや蛾も集まっている。前回はカブトムシ♀も確認できた場所だったので、ノコより先にカブト天国になっているかと思ったが、まだカブトムシはそれほど発生してない様である。

コクワ♀を確認
コクワ♀を確認



今回の確認目的種はノコだったが、何とか1頭だけ存在を確認することが出来た。中歯型のノコ♂であったが、今年最初の国産ノコの確認だったので嬉しかった。先週はタイ王国の樹液にて100ミリを越える真っ黒なギラファノコギリ♂を確認してきたが、日本のノコも改めて観ると赤く美しいと感じる。

2010年初ノコ♂
2010年初ノコ♂



蚊に喰われながらの探索となったが、今年は梅雨明け辺りが大きな勝負と踏んでいる。今後も時間の許す限り、可能性を求めて行きたい。


成績:ノコ♂×1 コクワ♀×1
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る