2009.09.21(月)
関東甲信越・某所 13:00PM 曇り 16℃ 同行者:Kazuさん、kapiさん


今回の探索は個人的に楽しみにしていた日であった。自分がサイト運営をしている間に一度は採集記に登場して頂きたいと思っていた方であり、今日その希望が叶う。その方の名はKazuさん。私のサイトは運営してそれなりに月日を重ねてきたが、Kazuさんは内容の伴わないこの“へっぽこ採集記”をずっと温かく見守ってくださっていた方であった。元々は私もそうだったかも知れないが、インターネット上でお気に入りのサイトを見つけた場合でも、基本的には“ROM専門”という様な閲覧専門がほとんどであると思うし、そのサイトの管理人に“応援メール”の様なお心遣いをされる事はあまりないと思う。その様な中でKazuさんは“へっぽこ採集記”を古くから観て頂き、節目には丁重なメールを送って下さり、確実にサイト更新の励みになっていた方であった。・・・思えば、サイト10万HITを踏まれたのもKazuさんであった。

それほど私のサイトを観ていただけるとは、運営者冥利に尽きる。

Kazuさんとは昨年に一度お会いした事があったが、採集をご一緒するのは今回が初めてなので本当に楽しみであった。
今回のお約束はかなり前から決まっており、共通の知り合いであるkapiさんと共に集合場所に向う事になった。
























 ・・・しかし








↓ダークゾーン↓

 9月のシルバーウィークを舐めていた...。

 GW並みの混雑が予想されていたSW(シルバーウィーク)だったで、早めに出発したのだが既に大渋滞が始まっていた...。

 高速道路は入口から全く動かない...。

全然進まない...
全然進まない...



 渋滞表示を見ると、今まで見た事も無い渋滞距離が表示されている...。

向うのは下段です...
向うのは下段です...



 ちなみに通常10分掛からない所を1時間以上掛かっている。・・・とんでもない状態になっている。

なんじゃこりゃ!?
なんじゃこりゃ!?


 ・・・kapiさんと協議した結果、車を乗り捨てて、電車で向かった方が早いという結論に至った。とにかくKazuさんに一報する。

 一番近い高速出口を降り、周辺の駅を探し、車をパーキングに入れる。・・・駐車場代は幾らになるのだろう。

車を乗り捨てる...
車を乗り捨てる...



 とりあえず一番近い駅にて電車を持つ。ちなみにKazuさんとは10時に待ち合わせをしていた。

 ・・・駅の時計は11時をとっくに回っている。もちろん渋滞した時点でKazuさんには状況報告しているが、本当に申し訳ない。

約束の時間は10時です...
約束の時間は10時です...



 ・・・普段あまり乗らない路線に乗り、特急が止まる駅に向う。高速は大渋滞でも電車は空いている。

電車に乗る...
電車に乗る...



 ・・・で、特急に乗り換える。時間が無かったので、特急に乗ってから車内にて特急代金を支払う。

特急に乗る...
特急に乗る...



 ・・・実はこの間もKazuさんは、私達の為にPCにて電車の時刻表や乗り継ぐタイミングなど調べて、フォローして下さる。
 ・・・本当に頭が下がる思いであった。



 ・・・そしてKazuさんが調べて頂いた通りの時刻に目的地に到着する事ができた。


 
おそらく車のまま高速を走っていたら、あと3時間は掛かったと思う。


 ・・・ホントKazuさん有難うございます。

↑ダークゾーン終了↑



本当にお待たせしてしまい、ご迷惑をお掛けしてしまったが何とかKazuさんと合流する事ができた。
ご挨拶と同じに申し訳ない100連発であった。

やっと着いた
やっと着いた


とりあえず時間的に深い探索が出来るほどの余裕はなかったので、有名どころを少し回ってみる事になった。

ヤナギをルッキング
ヤナギをルッキング



3人で林道を探索してみる。天候としては雨は降ってないが、気温はそれ程上がらず山全体に少し寂しさを感じる。

とにかくルッキング
とにかくルッキング



それにしてもKazuさんは良い探索着を使用されているので判りやすい!熊避けも用意されており、探索に対する姿勢を学ぶ。

Kazuさんは目立ちます!
Kazuさんは目立ちます!



場所柄、有名産地であるがヤナギの所々でフルーツトラップの残骸が目立つ。これは離島・本土関係なく景観を損なうので使用した後は必ず回収して頂きたい。ちなみに個人的に本土の場合、それほどフルーツトラップの必要性は感じてない。

必ず回収しましょう!
必ず回収しましょう!



探索を続けていると曇っていた空が青くなってきた。少しでも気温が上がってくれた方が虫たちも活発に動いてくれると思うのだが、予報に反して気温はなかなか上がってくれない。

少し晴れてきた
少し晴れてきた



とりあえず標高を上げて行きかなり時間を取って探索を続けるが、残念ながら虫の雰囲気が感じられない。
・・・なんだか今年は秋の訪れが早く感じるのは自分だけだろうか?

標高を上げていく
標高を上げていく



林道の側溝をなにやら黒い物体が徘徊しているので、一応確認してみたがクワガタでは無かった...。

虫の姿を見掛けない
虫の姿を見掛けない



気が付くとガスが発生しており、先程より更に気温が下がり始めている。場所によっては葉の色も紅葉している様で、より夏の終わりを感じる。

寒くなってきた...
寒くなってきた...


・・・とりあえず場所を移動する事にした。



個人的にはKazuさんとご一緒できるだけで今回の目的のほとんど達成していたのだが、Kazuさんのご好意で秘密の場所へ行く事になった。
そこは樹液がまだしっかり出ておりコクワが数頭集まっている“夏の風景”であった。

夏の風景
夏の風景



樹液や洞に多く確認できるコクワの中で、一頭だけスジ♂が混ざっていた。この時期にスジが観られるだけで充分に嬉しい。

唯一のスジ♂
唯一のスジ♂



時期的にカブトムシやノコが居なくなった樹液場は、コクワが多く確認できる。中には洞の中に見え隠れする“大きなコクワ”に一瞬ドキッとしてしまう。

大きなコクワ♂
大きなコクワ♂



Kazuさんは地道に樹液場の探索を続けられており、その結果素晴らしい成果を上げられている。本当に努力の賜物だと感じる。

コクワ♂♀
コクワ♂♀




探索は充分雰囲気を感じる良いものとなったので終了し、最後に美味しいカツ丼を食べる事になった。昨年も一度頂いた名物であったが、また食べる事が出来て本当に嬉しい。運ばれてきたカツ丼を見て思わず記念撮影を行う。その後も食事をしながらKazuさんの採集に対する熱意も伺うことが出来て本当に楽しい一時となった。

名物・カツ丼
名物・カツ丼



・・・最後に駅まで送っていただき、Kazuさんとお別れとなった。

何から何まで本当にお世話になってしまった。kapiさんと共にまたの再開をお約束してKazuさんの車を見送った。


帰りの電車にてkapiさんと充実した一日であった事を振り返る。kapiさんも今日の探索に満足されている様だった。クワガタ自体は時期的に厳しくなっていたが、Kazuさんのお人柄に改めて感謝の秋の一日となった。

車回収に向う...
車回収に向う...



・・・ちなみに乗り捨てた駐車場代は、一日上限のある良心的な駐車場だったので安価で助かった。


車を出して頂き、“へっぽこ”にお付き合い頂いたKazuさん、kapiさん有難うございました。

成績:コクワ♂×16 ♀×11 スジ♂×1
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る