2009.08.14(金)
東北地方 4:00AM 晴れ 26℃ 同行者:灯火総研:クッシィさん、ponkoさん

HIDライトを灯火総研さんより購入し、何度かライトトラップを試みたものの、まだまだ経験不足を感じていた所、灯火総研さんと合同の採集会を行える運びとなった。

・・・前日夜中。部屋のクーラーが故障し、暑さで全く寝る事ができない..。午前3時になっても眠さより暑さが勝り、どうにもならない。

こうなったら翌日に灯火総研さんと待ち合わせてる事もあり、「このまま寝ないで行ける所まで車で走ってしまおう。」と思いついた。しかも車ならクーラーも効いているので快適だろう。そう思い荷物を車に詰め込み真夜中の東京を後にした。

真夜中の出発
真夜中の出発


車で走ること数時間、夜明けを向え周辺は明るくなってきた。

・・・昨晩から一睡もしてないのに不思議と眠くはない。それほど今晩からのライトトラップが楽しみなのである。

東北の夜明け
東北の夜明け



・・・更に数時間走り、某パーキングエリアにて約束のお時間まで睡眠を取ることにした。


気が付くと時間は昼時を迎えており、ちょうど灯火総研さんも待ち合わせ場所に来られた所であった。灯火総研さんご夫婦とは、数年前に一度クワガタ関連の会合で一度お会いした事があって以来だったが、本当に格好良いご夫婦だと感じる。挨拶後はブランチ兼ねて美味しいピッツァのお店に連れて行って頂いた。ピッツァもパスタも非常に美味であった!

激ウマ!
激ウマ!


その後、お互いの車で目的地に向うと到着する頃には、既に日が傾き始めていた。久々にこれほどまでの長距離を走った。

現地到着は夕方
現地到着は夕方



灯火ポイントまで到着すると、早速準備に入る。・・・と言っても、脚立にHIDライトを繋げるだけなので、真っ暗闇の中でも10分足らずで全て準備が整う。・・・良い時間になったので点火。合同採集会の開始である。今回私はHIDライト2灯を持参した。

点火!
点火!



因みに灯火総研さんは3灯+実験灯という豪華な感じで展開されている。

灯火総研さん側
灯火総研さん側



点火してものの5分程度で私のHIDライトにヒメオオ♀が飛来した。ヒメオオはあまり飛来するイメージがなかったので、この現状に斬新さを覚える。

ヒメオオ♀の飛来!
ヒメオオ♀の飛来!



・・・するとそのすぐ傍にミヤマ♀も飛来した。先程のヒメオオも嬉しいが、やはりミヤマが飛来してくれると嬉しさは増す。

ミヤマ♀飛来
ミヤマ♀飛来



少し離れた場所に飛来してないかチェックしてみる。振り返ってライトトラップを見ると、全部で6灯のライトが煌々と輝いている。
・・・昨年の自分では夢にも思わなかった光景である。

左・魔琴側 右・灯火総研さん側
左・魔琴側 右・灯火総研さん側



飛来は続き、ノコ♀が確認できた。・・・更に羽音が聞こえる。

ノコ♀飛来
ノコ♀飛来



またもノコ♀だった。そろそろ♂の姿も確認したい所であるが、時期的に発生後期という事もあり、やはり♀が多いのだろう。

またノコ♀飛来
またノコ♀飛来



少し離れた場所にミヤマ♀が飛来していた。やはりこの個体も♀であった。

ミヤマ♀飛来
ミヤマ♀飛来



一際大きな羽音が聞こえ、先日のタガメを思い出したが、これはカブトムシ♂であった。一応、今日最初の♂という事になる。

カブトムシ♂も飛来
カブトムシ♂も飛来



その後もバッテリーが続く限り照射し続ける。周辺には他の採集者の姿は無く、自分と灯火総研さんご夫婦のみなので、非常にリラックスした状況の中で様々な事を語り合いながら時間は過ぎていく。


・・・しかし、次第に虫の飛来が少なくなったと感じていると、その理由はガスが発生していた。今まで遠方の山肌を照射していた魅惑の輝きもいつしか数メートル先しか見えなくなっている。・・・残念ながら残りのバッテリー時間も考えると、本日のライトトラップはここまでにする事にした。

ガスが出始めた...
ガスが出始めた...



改めて確認してみると本日の飛来は全て♀ばかりであったが、ヒメオオやミヤマが飛来してくれたので充分に楽しめた。いつもながらに採集個体を持ち帰るつもりはないので、全ての個体に感謝の思いを胸にリリースした。

全てリリース
全てリリース




宿に戻り温泉に入ると、昨晩からあまり寝てなかった事もあり一気に睡魔が襲ってきた。薄れゆく意識の中で「・・・良い経験が出来ている」と感じた。
明日の晩も引き続き、合同HIDライト採集会を行うので、そのイメージをしている内に意識がなくなったzzz



成績ミヤマ♀×2 ヒメオオ♀×1 ノコ♀×3 カブトムシ♂×1 ♀×1 (魔琴、飛来数のみ)
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る