2009.06.19(金)
茨城県・某所 16:00PM 晴れ 19℃ 同行者:kapiさん

kapiさんとある打ち合わせを兼ねて探索に出かける事になった。時期的にそろそろミヤマも確認した所であるが、一応ミヤマも確認できそうな場所に向ってみる事にした。

ミヤマは居るのか?
ミヤマは居るのか?



目的地に到着するとクヌギの樹にコクワ♂を確認する事が出来た。今日は梅雨の中休みで雨は降らないが、蒸し暑いというよりは涼しいといった感じなので、虫の活動が気になる所である。

コクワは多い
コクワは多い



そかし樹液場を見つけると、そこにはスズメ蜂や小さな昆虫達が集まっている。

危険!
危険!



樹皮の隙間にはコクワ♂が挟まっている。

コクワ♂
コクワ♂



樹液の出は良い様である。周辺に甘酸っぱい匂いも漂い夏の雰囲気が増している。

樹液はかなり出ている
樹液はかなり出ている



ミヤマは居ないものかと探索を続けるが、樹液や洞に確認できるクワガタは皆コクワばかりである。

コクワばかり...
コクワばかり...



ならばと樹を蹴ってみた所、下草にカサッと甲虫の様なものが落ちたので確認してみると、シロテンハナムグリであった。

シロテンハナムグリが落ちてきた
シロテンハナムグリが落ちてきた



他にも確認できるのはわりと大きめなコクワ♂などで、他のクワガタの姿は確認できなかった...。

大きいコクワ♂
大きいコクワ♂



それでもそれなりにコクワの姿や樹液場の雰囲気も増してきたので、もう少しすれば他のクワガタも確認できる様になるであろう。一応、帰り際に外灯も確認してみたが、全く甲虫の姿は無かった。近い内に改めて探索してみたい。

外灯は皆無
外灯は皆無


成績:コクワ♂×8 ♀×1
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る