2009.06.06(土)
関東甲信越・某所 18:00PM 晴れ 23℃ (蒸し暑い) 同行者:kapiさん

今年最初の有望ポイントへ、kapiさんと探索に出掛ける事にした。天気予報では一日中雨の予報だったが、午後から雨も上がり気温も上がってきた。目的地に到着すると下草も伸び放題になっており湿度が高く蒸し暑いが、これが初夏を感じさせ期待が高まる。

雰囲気は充分!
雰囲気は充分!



クヌギの樹を確認すると小さなコクワ♂が徘徊していた。まだ樹液シーズンに入って間もないので、樹にクワガタの姿があるだけで充分楽しい。

コクワ♂が徘徊している
コクワ♂が徘徊している



・・・何年か掛けて通っている有望ポイントであるが、その場所を見てkapiさんと共に愕然としてしまった。

一番の樹皮めくれのある台場風のクヌギであったが、その素晴らしかった樹皮は見事に剥がされており、無残な姿になっていた。樹皮がはがされてしまった部分は以前の様な樹液は出なくなっており、乾いてしまった。

樹皮下にコクワ♂
樹皮下にコクワ♂



場所的にそれほど目立つ場所ではないので、誰でも確認できる様な場所ではなかったが、これが他の採集者の方向性だとすればもの凄く悲しい。現状として樹皮の端っこだけが少し残っており、その残された僅かなスペースに何とかコクワが挟まっている状況である。更にまだ生きている樹にも係わらず容赦なく斧が入った後もあり、体に纏わりつく大量の蚊も払う気がなくなってしまった...。

樹皮が剥がされている・・・
樹皮が剥がされている・・・


気分が乗らないまま、他の場所を確認していく。他の場所も樹液は出ており、懐中電灯をあてるとコクワの姿が確認できる。

樹液は良く出ている
樹液は良く出ている



幸いにしてこの場所はまだ樹皮が剥がされてないので、その中では多くのコクワが活動している。
・・・少々ネガティブになっているのか、この場所もいつまで持つのか心配になってきた。

コクワだらけ
コクワだらけ



それでも今まで確認した事の無かった雰囲気の良さそうな樹も新たに確認できたので、今後に希望を持って行きたい。

良い場所を確認
良い場所を確認



コクワはかなり確認できたので、今年最初のノコは居ないものか?と探してみたが、場所柄まだ早いのかも知れない。

ノコはまだ居ないのか?
ノコはまだ居ないのか?



それでも樹液の出ている箇所には多くのコクワが集まっているので、林の雰囲気は良い...。

コクワは多い!
コクワは多い!



ふと足元の樹液周辺を見ると今年最初のコカブトが確認できた。

樹液周辺にコカグト確認
樹液周辺にコカグト確認



今日はどこを観てもコクワが確認できる。因みに一番下↓の“成績”部分は手にとってみた数字で、実際はそれ以上のコクワを確認できた。

一気にコクワが増えた...
一気にコクワが増えた...



そろそろ終了かと言うタイミングでkapiさんが「ノコが居ますよ!」と言う。頭上を見上げると、大歯に近い立派なノコ♂が佇んでいた。先日の八丈島遠征ではそれなりにハチジョウノコを確認できたが、どの個体も大顎は未発達のものばかりだったので、本土の立派な大顎を持ったノコの姿は勇ましく感じる。

2009年初ノコ♂
2009年初ノコ♂



何箇所か回ってみたが、今回はコクワを数多く確認できる探索となった。冒頭の“樹皮剥がし”が無ければ凄く楽しい探索であったと思う。

多くのコクワを確認できた
多くのコクワを確認できた



車を出して頂き、“へっぽこ”にお付き合い頂いたkapiさんに感謝致します。

成績:ノコ♂×1 コクワ♂×12 ♀×2 コカブト×1
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る