ご注意!

2016年3月15日、環境省より、オキナワマルバネクワガタは、採集禁止となりました。
詳細は、
環境省サイトにてご確認下さい。


2008.10.04(土)へっぽこ遠征inやんばる(2日目)
沖縄県県・本島 12:00PM 晴れ 30℃

沖縄本島遠征、2日目の朝。

昨晩はそれほど遅くまで探索を行った訳ではなかったのだが、最近の仕事の疲れもあったので昼近くまで寝てしまった...。昨晩は運良くオキナワマルバネの姿を確認する事が出来たので、“へっぽこ採集”としては既に気分的に楽である。遠征2日目もマイペースに探索が出来ればと思う。

ハイビスカス
ハイビスカス



宿の部屋を出ると、日は既に高い位置にありクロイワツクツクが盛んに鳴いている。いつ観ても“見た目はツクツクホウシ”であるが、鳴き方が全く異なる。

クロイワツクツク多産
クロイワツクツク多産



少し沖縄の雰囲気を感じようと海辺に出てみた。すると“まさに南国”といった印象の蒼い海と白い砂浜が広がっていた。更にタイミングが良かったのか、海辺で結婚式も行っており、いつも南西諸島に足を運びながら全く海に縁がないが、目の前に広がっている風景こそ一般的な南西諸島なのかも知れない。

まさに南国の海
まさに南国の海


・・・とりあえず車を走らせる事にした。



宿の朝食を食べる事が出来なかったので、昼食も兼ねてある食堂を目指した。遠征前にLED@山口さんに教えて頂いた場所なのだが、どうやら名物のカツ丼があるらしい。クワガタ探索に関しては、あまり遠征前に下調べは行わないのだが、食事に関しては出来る限り現地の美味しいものを食べたいというのが本音である。

名物店へ
名物店へ



店内に入ると既に満員状態であり、やはり人気店であることが窺える。早速お目当てのカツ丼をオーダーする。時間潰しに新聞を広げてみると、やはり沖縄関連の記事が中心であり、TV欄も沖縄らしさが出ている。やはり南大東島が特殊なのだろう。

沖縄らしいテレビ欄
沖縄らしいテレビ欄



暫くするとカツ丼が運ばれてきた。・・・噂以上に超特盛なのである!ご飯の量が多いというのは良くある事だが、乗っているカツが大盛りと言うのが見た目で斬新であった。最近の流れで言うと“メガカツ丼”と言えるだろう。味の方はほど良い下味が効いていて美味い!

名物 カツ丼(普通盛り)
名物 カツ丼(普通盛り)


・・・ただ、あまりにも量が多く、全ては食べ切れなかった。

果たして食べ切る輩は居るのだろうか?因みに店内には余った場合を想定して、持ち帰り様の専用容器も用意されている。



かなりの満腹感がある中、やんばるの森へレンタカーを進める。

オキナワマルバネは基本的には夜行性であるが、昼間でも歩行個体は少ないながら確認できるので可能性を求めてみる。

やんばる探索へ
やんばる探索へ



林道を走っていると、ヤンバルテナガコガネに関する採集禁止のアピールが行われている。やはりダメなものはダメなのである。

バッテン荒川
バッテン荒川



暫くやんばるの林道を流してみたが、紛らわしい松ぼっくりが一瞬立体的に見えるだけで、昼間の探索でオキナワマルバネは確認できなかった。

マルバネではない...
マルバネではない...



ある販売店に入ってみると、ここでもヤンバルテナガコガネ採集禁止に関するポスターが貼られていた。地元の意識は高く徹底している。

様々な形で警告
様々な形で警告



・・・夜間探索に備え、一度宿に戻り体勢を整える事にした。




宿にて少し休憩を取ると夜の帳が下りていた。

今晩も夜食をコンビニにて購入し、ヤンバル本番に挑む。おそらく曜日的にも今晩は昨日以上に採集者も多く居ると思われるが、オキナワマルバネに出会えるかそうでないかは運にも左右されるので、ポジティブに考えていく。

二晩目へ
二晩目へ



やんばるの林道に入ると、やはり昨晩以上に交通量が多い。その殆どがオキナワマルバネ採集の車かも知れない。とにかくレンタカーを走らせ、オキナワマルバネと遭遇する確率を上げるしかない。しかし、スピードを出し過ぎると個体が居ても見落としてしまう恐れがるので、低速にて確認していく。

夜のやんばるへ
夜のやんばるへ



暫く探索を続けているのだが、昨晩以上に車の往来が多い事もあってか、林道に虫らしい影は見当たらない。時折アカマタが路上に出てくるのだが、それ以外は松ぼっくりくらいのものである...。

今日もアカマタ
今日もアカマタ



オキマル探索はとにかく林道を流すのみなので、採集記としては個体が確認できない場合、書ける事がほとんどない...。

昨日より車は多い
昨日より車は多い



途中、休憩がてら某所に立ち寄ると10数名の人影があったので「まさか全員採集者では無いよなぁ・・・。」と思ったのだが、どうやら全員採集者の様であった。・・・その中に先月の奄美大島遠征時に林道にてお会いした大巨神さんのお姿があった。更に事前に交流のあったLED@山口さんとも初めてお会いできたのでご挨拶させて頂いた。LED@山口さんは今朝方、オキナワマルバネ♂を採集されていた。他にも遠征されている方や地元の方など居る様で、皆で沖縄で言う所の“ゆんたく(おしゃべり)”されていた。普段は縁が無いせいか、私の場合それほど他の採集者の方々との交流は少ないと思うが、現地にてお会いした場合やはり同じ境遇にて探索している方だと親近感が湧く気がする。

・・・暫く“ゆんたく”した後に、もう少しだけ林道を流す事にした。




・・・結局、本日の探索では何も確認できなかった。強いて言えばタイワンカブトの翅を拾ったくらいである...。

終了間際の“ゆんたく”時に他の方々とお話した際、LED@山口さん以外の方は採集されてなかったが、今日はお会いした方々の他にもかなりの採集者がやんばるの林道に入っていた様であった。・・・運次第といったオキナワマルバネ探索であったが、かなり確率は低かったと思われる。

タイワンカブトの翅のみ...
タイワンカブトの翅のみ...



・・・明日は最終日であるが、可能性がある限り探索は行ってみたいと思う。



成績:ボ〜ズ

3日日へ

採集目次に戻る