ご注意!

2015年5月1日、石垣市条例で、チャイロマルバネクワガタヤエヤママルバネクワガタヤエヤマノコギリクワガタ採集禁止となりました。詳細は、石垣市サイトにてご確認下さい。


2007.11.04(日)へっぽこ遠征in先島諸島(3日目)
沖縄県・石垣島 9:30AM 雨 21℃ 寒い

石垣島遠征、3日目の朝。・・・同時に2007年の採集も最後を意味している。

昨日は、るどるふさん&r.matsudaさんとの“夢のコラボ”が実現でき、尚且つヤエヤママルバネの確認も出来たので、今朝の目覚めは非常に良い。朝の身支度をしようとカーテンを開けると窓の外は雨模様になっていた。過去の石垣島探索もそうであったが、やはりこの時期は雨が多い。

石垣島、最後の朝
石垣島、最後の朝



何となく部屋の新聞に目を通すと...、知らない放送局ばかりであった。6月に行った南大東島遠征では、“同じ沖縄県”ながらもテレビの放送は“全て関東と同じ”という異色の沖縄離島であったが、この石垣島は沖縄本島と同じの様である。・・・新聞のテレビ欄をよく見ると、放送局は違えど放映している内容は東京とあまり変わりない気がした。

朝刊を見る
朝刊を見る




朝食を食べた後、昼過ぎの便で東京に戻る為、早めに宿を後にして探索に向かう事にする。・・・外に出ると雨は降っており、気温も低く肌寒さすら感じる。あと数時間でこの石垣島を後にするので、条件は悪くてもレンタカーを走らせる事にした。

・・・外は雨
・・・外は雨



目標にする山が近付いてくるが、雨足は一向に弱まる様子は無い...。途中の道路では時間帯が早いせいもあってか、殆ど他の車とすれ違わなかった。・・・今年最後の採集という事もあって、少々寂しい気持ちにもなってくる。

山へ向かう
山へ向かう



雨足はむしろ強くなってきた感もあるが、林道までたどり着いたので探索を開始しようと進むと、前方から1台のレンタカーがやって来た。よく見ると、るどるふさん&r.matsudaさんだった。昨晩の別れ際に翌日の予定をお話していたので、お二方は合わせて下さった様だった。先に林道に入られていたお二方のお話によると、やはりこの天候という事もあってチャイロマルバネは皆無との事だった。

そのまま少しお話させて、またの再開をお約束させて頂いて、るどるふさん&r.matsudaさんとお別れする事になった。昨日の探索は思い出に残るモノとなったので、お二方には改めて感謝の気持ちを胸に歩を進める事にした。

林道も濡れてる
林道も濡れてる



とりあえず初日に仕掛けたパイントラップを全て回収する。サキシマヒラタ辺りをイメージしていたが、・・・何も来ていなかった。2日間という短時間では難しいのだろう。よくよく考えてみれば、今年は対馬でもフルーツトラップは芳しくなかった。以前から感じていたことだが、設置場所に問題があるにしてもフルーツトラップを行うのであれば、1週間程度の流れは必要なのかも知れない。・・・期待してなかったものの、フルーツトラップは居ないと寂しい限りである。

パイントラップ回収
パイントラップ回収



トラップを回収し、雨の中チャマル探索を行う。・・・当然この状況下なので、他の採集者ともすれ違う事もない...。ふと海を見るが、空は厚い雲に覆われている事もあって海も碧くない。過去の石垣島探索も最終日は雨のイメージが強い。時期的なものでもあるが、やはり採集は晴れている方が気持ちが良い。雨を降っているものの過去に雨の中でチャマルを確認した事があったので、希望を捨てずに歩を進める。

・・・天気は回復しない
・・・天気は回復しない



チャマルを探していると、樹の幹にジッとしているキノボリトカゲの姿を確認した。気温も低く雨も降っているせいか、いつもの機敏な姿は無かった。正直な所、チャマルは厳しい事も分かっている...。

キノボリトカゲ
キノボリトカゲ



それでも“小さな奇跡”を信じて、側溝落ちなど可能性のありそうな場所を探索して行く。

側溝も確認していくが・・・
側溝も確認していくが・・・



・・・時間の許す限りチャマル探索を続けたが、結局その願いは叶わなかった...。

今年は昨年以上に“発生の可能性が高かった”と思われるだけに、何とか1頭でも確認してみたかったが、天候などの条件や何より“へっぽこ”という事もあって確認できなかった。・・・・・またの次回があればに期待したい。

チャマルは確認できなかった...
チャマルは確認できなかった...




飛行機の時間が迫っていたのでレンタカー屋に車を返し、石垣空港に向かう。到着すると空港内は団体の観光客が多く、手続きにかなり時間を取られてしまった。今回は特に石垣島→羽田の直行便という事で“お約束の宮古島経由”の説明を受ける。
(羽田→石垣島は文字通り直行便だが、石垣島→羽田は何故か“ガソリン給油の為”と言う理由で、宮古島に着陸し、全員が一度飛行機から降りなくてはならない...。)

石垣空港に着く
石垣空港に着く



時間は掛かったものの手続きを済ませる事ができたので、石垣島を離れる前に「八重山そば」を食べる事にした。今年もこれで最後の沖縄そばかと思い、味わいながら食べた。

八重山そば
八重山そば



搭乗時刻と共にアナウンスが流れ、搭乗開始となった。目の前にはジェット機が待っている。・・・いつもなら、東京に無事に帰れると言う部分でホッとする思いもあるが、この飛行機に乗ったら今年の“へっぽこ採集”も終わりを意味する。

これに乗ると“現実”に帰る
これに乗ると“現実”に帰る



・・・石垣島から宮古島を経由した後、飛行機は羽田空港を目指す。




離陸後、直ぐに疲れていたせいか寝てしまったが暫くすると、後ろの席の子供が退屈なのか暴れ出し、目を覚ました...。窓の外に目をやると“雪をかぶった”富士山の姿が見えた。数時間前までセミの鳴く南国に居たはずなのに、今目の前には雪が見える。・・・よく“狭い日本”という表現を目や耳にするが、私は日本は“広い”と感じている。

富士山には雪
富士山には雪



その後、るどるふさんの本を読みふける。今の自分にとっては雲の上の様な方であるが、るどるふさんの様にムックが出せる様な採集記を書くことも夢だったりする。

るどるふさんの本を読む
るどるふさんの本を読む




・・・暫くすると羽田空港に到着した。飛行機を降りロビーに出ると美しい夕日を見る事が出来た。

何となく「2007年ラストを飾るには良い夕日だな...」と勝手ながら感じてしまった。

2007年、終了!
2007年、終了!




その後、駐車場に車を取りに行くが“バッテリー上がり”なども無く、高速道路も渋滞も無く、順調に自宅に戻る事ができた。



・・・それは同時に、2007年の“へっぽこ採集記”の幕が下りた瞬間でもあった。




・・・・・また暖かくなるまでは、少しの間“冬眠”しよう...。



成績:ボ〜ズ


 ダークゾーンでは、ありません(^^)


2007年、魔琴の“へっぽこ採集記”は、これにて終了です。

・・・2007年を振り返って


5月

八丈島遠征
2007年最初の離島遠征になりました。本来であれば神津島遠征の時期でしたが、採集禁止になってしまいましたので八丈島に行きましたが、ハチジョウノコや思い掛けないハチジョウコクワやハチジョウネブトの生態も観られ、楽しい探索となりました。



6月

南大東島遠征
初の大東諸島でしたが、本島に素晴らしい島でした。おそらくマニアの採集としては、それほど面白くない島かもしれませんが、だからこそ“へっぽこ”としては血が騒ぎました!
今回から離島遠征の模様は「くわがたマガジン」にて掲載する事になりました。



7月

対馬遠征
正直な所、対馬に行くまでが大変でした。空港に向かう途中、追突事故に巻き込まれたり、飛行機が着陸できずに引き返したり...、採集内容は「くわがたマガジン」にて掲載後、サイトにupしていきます。



8月

本土
東北にて車に轢かれた状態でしたが、何とかオオクワに会える事ができました。
・・・次回こそは元気な個体にあってみたいです!



9月

奄美大島遠征
またまた台風にて奄美大島行きの飛行機が欠航。今回は羽田から飛ぶ事もできず、何もする事が出来ませんでした。



10月

奄美大島遠征
9月に行けなかった奄美大島遠征を10月に行ってみました。個人的に「10月の奄美大島にてアマミミヤマは確認できるのか?」という目標もあったのですが、結果はスジブトヒラタ♂×1頭のみと言う、いかにも“へっぽこ”らしい採集となりました。ただ、個人的にはこの様な採集こそが“へっぽこ”らしいと満足しております(笑)

沖縄本島遠征
kapiさんと共に遠征を行いましたが、結果は完全なるボ〜ズ。いくら“へっぽこ”とは言え、全くのボ〜ズは初めてでした(泣) kapiさんに申し訳ない気持ちがあります。・・・おそらく沖縄本島の採集は今回で最後になると思います...。



11月

石垣島遠征
今回は、るどるふさん&r.matsudaさんという両巨頭と共に、八重山のジャングルに入ることが出来ました。何とかヤエヤママルバネを確認できましたので良かったです!私にとってこの採集はクワガタ確認以上に実りの多い遠征になりました。



2007年は神津島が採集禁止になってしまった事で、完全にミクラミヤマ探索が不可能になってしまった所から始まりました。私にとってミクラミヤマは非常に思い入れの強い“大好きなクワガタ”でしたので、本当に残念な事でした。・・・個人的には“持ち帰らない”採集(観察)スタイルですので、来年以降は“撮影のみ”としてチャンスがあれば可能性を見い出してみたいという気持ちもありますが、無理をしてまで...という探索は、気持ちも乗りませんし難しい所です。

他の離島遠征や本土採集としては、05〜06年に比べると全体的な採集数は減ってしまったかも知れません。しかし初となった南大東島での探索や8月の東北でのオオクワ(轢死)確認と、“へっぽこ”なりに前進できた気がします。また個人的には「くわがたマガジン」さんに記事を掲載して頂けるという、大変恐縮する様な流れもあって“へっぽこ”なりに足跡を残せると大変感謝してます。一応「くわがたマガジン」掲載分でサイト未公開のものは、一定期間を経た上でサイトにupする事が出来ますので、サイト未公開分は今後公開していきますので宜しくお願いします。

・・・毎年思う所でもありますが、2008年という先の話はどの様になるのか見当も付きません。2007年を振り返って、やはりと言うべきかある程度は想定してましたが、ある離島で見知らぬ方から「離島まで採集に来て、標本・飼育・売買もやらないとは、虫屋として考え方を改めるべき!」と言われた事がありました。・・・確かに高いお金を使って、会社員として時間の調整も行い、かなり無理のある離島採集を行ってます。
・・・それでも
“へっぽこ”的、私の方向性はキャッチ&リリース”だと思ってます。これが私にとって最高の癒しなのです。・・・この方法が、他の方に迷惑をかける様な内容でしたら改める必要はありますが、緩い採集者として本人が楽しめて、サイトをご覧になって頂ける方に少しでもお暇潰しになって頂ければ良いのかな...と感じております。

今後も相変わらずマイペースかも知れませんが、“へっぽこ”なりのクワガタに対してアプローチして行ければと思っております(^^)


・・・2007年の“へっぽこ採集記”ご感想などありましたら
メールを頂ければと思います。


2007年も“へっぽこ採集記”にお付き合い頂きまして、魔琴に有難う御座いました!

嗚呼、2008年の樹液シーズンが待ち遠しい・・・。

採集目次に戻る