ご注意!

2015年5月1日、石垣市条例で、チャイロマルバネクワガタヤエヤママルバネクワガタヤエヤマノコギリクワガタ採集禁止となりました。詳細は、石垣市サイトにてご確認下さい。


2006.11.04(土)へっぽこ遠征in先島諸島(2006年遠征 最終日)
沖縄県・石垣島 9:00AM 曇り 24℃(涼しい)

2006年離島採集、最後の朝。

今日はどう言う訳か、夜明け前に目が覚めてしまった。昨日の就寝時間を考えると寝不足感もあるが、それを上回る何かが起床させたのだろう。

夜明け前の石垣島
夜明け前の石垣島



自分はタバコを吸わないので、昨日買っておいた飲み物を飲みながらボンヤリする。

「今日が今年最後の採集か・・・。もしかすると自分にとっては、最後の離島遠征になるかも知れないなぁ」

・・・何となくそう感じた。





宿の朝食を済ませ、身支度を整えてから宿をチェックアウトする。そしてレンタカーを走らせ山に向かう。この時期の八重山は、本土より随分遅くまで日の入りが遅い(日が長い)反面、日の出も遅い。朝の7時を回った辺りでやっと明るくなってきた。

辺りが明るくなってきた
辺りが明るくなってきた





サキシマヒラタ♂が樹液を吸っていた!・・・・・石垣島ではマルバネがメインとなるので、フルーツトラップの発想が殆ど無い。その様な中で石垣島で樹液を吸っているクワガタの風景が、どこか(自分の中では)飛んでいたので正直驚いた。しかしそのギャップが“普通に樹液を吸っている姿”に感動を覚えた。なんと言うか、自分の知識が浅いと言うか、クワガタの世界が奥深いと言うか、まだまだフィールドに出て勉強になる事は多い。“南西諸島=フルーツトラップ”というのが今や常識化しているが、本来の姿は“自然体での姿”である。自分が設置したフルーツトラップにクワガタが集まってくれるのも感動するが、それ以上に樹液に集まるクワガタの姿こそ本来の姿として、自分自身の今後の課題にして行きたい。

樹液を吸っている!
樹液を吸っている!



撮影用に幹の裏側に回ろうと思ったが、ちょうど崖になっており簡単に回り込めない。腕だけ裏に回してデジカメで画像を得ようと試みるが、なかなか思う様な画像を得られない。かなりの数のシャッターを切ってやっとそれらしい画像を得られた(左下画像)。・・・この間、なぜかサキシマヒラタは全く逃げようともせず、じっとしていた。個体を観ると随分と泥が付いている。幹の根元の泥と同じ色なので、少しだけ根元を探してみたが他の個体は確認できなかった。このサキシマヒラタ♂も、そのままリリースした。

石垣島・サキシマヒラタ♂
石垣島・サキシマヒラタ♂



何とかサキシマヒラタは確認できたので、チャイロマルバネ探索に重点を置く。

昨年は“へっぽこ”なりに少数ではあったが、チャイロマルバネを林道や側溝に個体を確認する事が出来たが、2006年の発生状況はどうなのであろう?現状、亡骸ですら確認できない状況を見ると“良くない年”なのかも知れない。塩害の影響もあるのだろうか?・・・諦めてしまったら、そこまでなので、可能性を信じて確認していく。

側溝も確認していく
側溝も確認していく



ほとんど虫の姿が確認できない中、イワサキゼミだけは個体数も多く盛んに鳴いている。本土では聞く事のない鳴き声で鳴いているので、この様な部分でも離島を感じる事が出来る。思えば11月になっても盛んに鳴くセミというのは、本土の者から見れば不思議なものである。

・・・鳴き声ばかりは聞いてみないと分からないと思うので、、、動画にて

11月のセミ
11月のセミ



先月に石垣島を訪れた際も強く感じたが、枯れている樹が多い。やはり台風によって受けた塩害の影響は、暫く尾を引きそうに窺える。昨年は多く確認できたリュウキュウアサギマダラやスジグロカバマダラなどの蝶が、ほんの少し舞っているのが確認できる程度で、石垣島の本来の姿とは程遠い。

相変わらず枯れている樹が多い
相変わらず枯れている樹が多い




・・・それにしてもチャイロマルバネの亡骸すら見付ける事が出来ない。今年は全く発生していないのだろうか????

“へっぽこ”故に探しきれてないのかも知れないが、昨年それなりに生体や亡骸を確認できていたので、少なくとも昨年よりは状況として、発生状況はマイナスの方向だと思われる。・・・残念。



時間帯も昼を過ぎていたので、とりあえず市街地に戻り昼食にする事にした。適当に車を走らせていると“八重山そば専門店”なる店があるので、せっかくなので寄ってみた。店内は込み合っていて、なかなかオーダーを取りに来ない。
・・・しかしオーダーを取りに来たら1〜2分で出てきた!?。・・・本当に合ってるのか??? 色々と?が多かったので味の印象は無い。

八重山そば
八重山そば






・・・昼食後、飛行機の時間まで最後の探索を試みる。居ないだろうと思われる場所でも、意外に甲虫は確認できたりするので雰囲気のありそうな場所は立ち寄ってみる。

ふと黒い物体が林道脇に見えたので確認してみると、タイワンカブトの亡骸だった。タイワンカブト(しかも亡骸)という事で、それほど嬉しいという訳ではないが、“この周辺に個体が生息している”というキーワードーにはなるので、次回以降の手掛かりにはなると思う。

南西諸島と言っても11月。夜になればそれなりに気温も下がり涼しくもなる。石垣島では冬でも数は少なくなるものの、1年中クワガタの姿が観れると書物で見た事があったが、やはり初夏に比べれば格段に虫の数は少ないだろう。

タイワンカブト・パーツ
タイワンカブト・パーツ




結局、時間一杯まで探索したがサキシマヒラタ♂×1頭の確認に終わってしまった・・・。



レンタカーを返却し、石垣空港に向かう。

思えば今回の遠征は仕事終了後に羽田空港に向かい、石垣島に飛んだ。運良くピンポイントで、ヤエヤママルバネ♂を確認する事が出来、翌日には与那国島に飛んだ。そして念願のヨナグニマルバネ♂をジャングルの中を7時間以上もさまよって確認し、そしてリリースする事も出来た。更に翌日には石垣島に戻り探索。チャイロマルバネこそは確認できなかったが、最終日にサキシマヒラタ♂を確認できた。


・・・普通に見れば“遠征を行うクワガタ採集者”として、採集内容はショッパイにも程があるかも知れないが、個人的には満足している。



 「さぁ、東京へ帰ろう!」



どういう訳か、帰りの飛行機の座席がワンランク上の“クラスJ”になったのは嬉しい誤算だった!

2006年“へっぽこ採集記”終了!!
2006年“へっぽこ採集記”終了!!




・・・・・東京に戻って、暫くは冬眠だな。



成績:サキシマヒラタ♂×!
(確認後、リリース)


 ダークゾーンでは、ありません。


2006年、魔琴の“へっぽこ採集記”は、これにて終了です。

今年は、昨年の様な離島採集は難しいと思いながらも結局無理をしながら、多くの離島遠征を敢行してしまいました。やはり離島病(?)にかかっているのは間違いないのですが、その中でも本土採集も含め“へっぽこ”なりに、出来る限りの事は行ってみたいと行動してみました。


4月

八丈島遠征
2日間の遠征で、右も左も全く訳の判らない状態の中で、やっと確認できた“不恰好で腹のデカい”ハチジョウノコ♂の姿が印象的でした。チビクワのコロニーも興味深いものでした。また南西諸島と同じ生き物が八丈島だけ多く生息している事に歴史を感じました。

神津島遠征
ミヤマ☆仮面さんと3日間の遠征で、最終日の残り時間3分と言う“時間切れ”覚悟の中、最後の最後で1頭だけ確認できたミクラミヤマ♂が本当に感動的でした。たった1頭の確認でしたが、この1頭が私とミヤマ☆仮面さんにどれだけの希望を持たせてくれたか、今思い出してもあの時の感動が甦ります。



5月

神津島遠征
再び神津島に渡り、ミクラミヤマ探索。天候などのタイミングも良かった事もあって、数頭のミクラミヤマ♂が確認できました。更には“奇跡的”に黄紋型も確認できましたが、本当に運が良かったと思います。しかし結局ミクラミヤマ♀は確認できませんでした。



6月

本土
今年は、ルリやコルリなどの小型種も自身、初確認できました。また今年こそはと思い、オオクワの探索に力を入れたつもりでしたが、全く成果が出ませんでした。6月というのは場所によってクワガタの発生している状況が、かなり異なるので難しくも感じました。



7月

徳之島遠征
発生時期にあたったのか、トクノシマノコを“へっぽこ”らしからぬ、数多く観る事が出来ました。赤や黒のバリエーションが興味深かったです。大顎や頭楯にリュウキュウノコの特色を感じました。トクノシマヒラタやスジブトヒラタも確認できましたが、トクノシマコクワ♀の確認も嬉しかったです。また心残りは夜間、アマミノクロウサギが現れたにも関わらず、デジカメをセットしている内に姿を消してしまった事が残念でした・・・。帰りの台風はお約束という感じです。



8月

伊豆大島遠征
kapiさんと共に遠征を行い、イズミヤマ♂♀を確認する事が出来ました。亜種と言ってもそれほど違いが分からず勉強不足を感じました。伊豆大島はノコが多く、またかなりの大型になる事が興味深い点でした。

対馬遠征
・・・・・最悪でした。
台風直撃で飛行機が欠航し、福岡から対馬行きが飛びませんでした。仕方なく福岡でレンタカーを借り探索しましたが、台風の強風が吹き荒れる中、何も出来ないまま福岡から泣く泣く帰京しました。やはり自然には勝てません!



9月

奄美大島遠征
昨年以上にアマミミヤマ♂を確認できましたが、♀は今年も確認できませんでした。アマミネブト♂の確認は嬉しかったです!



10月

与那国島遠征
昨年の与那国島遠征以来、是非ともヨナグニマルバネを自分の目で確かめたい気持ちが強く、待ち遠しかった遠征でしたが、やはり日本最西端のジャングルは簡単ではありませんでした。強い意志の元、自分自身への挑戦として頑張ってみましたが、思いは叶いませんでした。



11月

石垣島遠征
今回は短時間でヤエヤママルバネが確認できたかと思えば、時間を掛けても全く確認できない日もあり、採集の難しさを実感しました。チャイロマルバネも確認したかったのですが、今年は亡骸も含め全く確認できませんでした。また今年は台風直撃を受けて、巻き上がった海水が雨として島に降り注ぐ“塩害”の被害もあり、石垣島の生き物にもかなり影響があったと見受けられました。

与那国島遠征
10月に行った与那国島遠征でしたが、どうしてもヨナグニマルバネを観てみたい気持ちが強く、無理をして今一度ヨナグニマルバネ探索に出かけました。前回の探索を基に日本最西端のジャングルを7時間探索した結果、遂に念願のヨナグニマルバネを確認する事が出来ました。更にその個体をリリース出来た事で“大きな夢”を達成できた気がしました。



2006年の個人的に内に“秘めた目標”としては、“本土のオオクワ採集”と“離島ではヨナグニマルバネ採集”という感じでした。勿論、他の離島や本土の採集時も、その時の目標を持って活動したつもりですが、未だに採集した事のないオオクワと昨年訪れた与那国島での印象が強く残り、ヨナグニマルバネというクワガタに対して興味を持っていました。・・・結果として、今年もオオクワは採集できませんでした。樹液採集が理想の確認方法と思っていますが、とりあえずは個体を確認したく外灯確認を行いましたが、結果は出ませんでした。2007年こそは自分の力で確認したいと、改めて目標にしたいと思っています。
一方、もう一つの目標であったヨナグニマルバネ探索は、2度に渡る与那国島遠征にて、一頭の♂を確認する事が出来ました。目標にしていただけに感無量でした。・・・が、そこに至るまでの道のりは決して楽ではありませんでしたので、感動もしましたが、ホッとしたと言うのが正直な所かも知れません。・・・“へっぽこ”らしいのはヨナグニマルバネを確認した後、漆黒のジャングルにて迷ってしまいました。予定時間の倍の7時間も夜の山をさ迷い難儀しました。改めて夜の山の怖さを実感しました。やはりそうならない為にも、昼間の下見や無理をしない“諦める勇気”も大事だと感じました。

その他にも“ミクラミヤマ♀&アマミミヤマ♀”の確認も出来なかったのですが、2度3度と訪れる度に、自分なりに新たな発見もあるので、昨年に比べれば少しずつですが、前進しているものだと思っています。

・・・ただ来年の遠征は、今の所白紙の状態です。

行きたくても“採集禁止”という壁が、今年以上に高く立ち塞がる可能性が高い事です。
クワガタ採集者として各離島では色々と勉強になった反面、現地では良くない話も耳にしてきました。もしその話が本当であれば今後、具体化していくのかも知れません。やはり採集者としてのモラルが必要だと感じます。所有者の居る土地に無断で入ったり、フルーツトラップを片付けない等の行為は、確実に採集者の首を絞めています。この他にも問題点はあるのですが、いつまでも“最高に楽しいクワガタ採集”を続けていく為にも、本土・離島関係なく意識を持った採集が大事だと思いました。

また個人的に30台半ばに入り感じた事は「体力低下」かもしれません。年々、採集時に山中を歩く上で“確実に体力が落ちている”事を実感していました。その様な中で昨年末、非常に幸運にもミヤマ☆仮面さんと知り合う事ができ、プロフェッショナルとしての体調管理を目の当たりにして、クワガタ採集をするにしても、日々の生活をしていくにしても、“自己管理をする日々の鍛錬”こそ、いかに大事な事かを学びました。2006年はなかなか実行に移せなかったのですが、2007年は“採集を行う為の体力づくり”として、取り組んでみたいと思っています。そうする事で、今後のクワガタ採集でも私生活でも“別の角度”からアプローチできればと思います。


・・・2006年の“へっぽこ採集記”皆さんの目には、どの様に映ったでしょうか?


2006年“へっぽこ採集記”にお付き合い頂きまして、魔琴に有難う御座いました!

嗚呼、2007年の樹液シーズンが待ち遠しい・・・。

採集目次に戻る