2006.08.05(土)
茨城県・某所 2:00PM 晴れ 32℃ (暑い) 同行者:ミヤマ☆仮面さん、亀有カブトさん

ミヤマ☆仮面さんのクワレス用選手のスカウトの為、茨城県に行く事にした。今回は“くわ馬鹿スペシャリスト”のお二方にもお世話になる事になった。
昼過ぎに里山に到着。真夏の日差しが強烈に射し込む。立っているだけで汗が噴出す。・・・まさに真夏のフィールドである。蒸し暑く“不快指数”は高いはずだが、フィールドにミヤマが居るのではないか?と思うとテンションが上がってくる。早速、里山に突入し探索を開始する。

茨城の里山
茨城の里山



“蹴り採集”開始のゴングが鳴り、早速“交渉”開始!・・・・・と、思ったらカブトムシ♀が落ちてきた。
・・・周囲を見渡すと大きなオニヤンマも飛んでいる。この“田舎臭い”虫取りの感覚がたまらなく楽しい!!

蹴りで落下、カブト♀
蹴りで落下、カブト♀



樹液の出ている箇所も多いが、その殆どはカブトムシに占領されている。こうなると、なかなかクワガタ達は樹液に集まり難くなってしまう。

樹液はカブトムシばかり
樹液はカブトムシばかり



とにかくクヌギの樹を蹴りまくる。・・・すると“ボトッ!”という音と共に何かが落下した。音からして大型の甲虫である事は容易に想像できる。しかし先程同様カブトムシの可能性があるので、大き過ぎる甲虫落下の場合は“ぬか喜び”になる場合もある。
・・・だが、今回は“大当たり”の大型ミヤマ♂であった。今年一番の大きなミヤマに、ミヤマ☆仮面さんと共に画像を得る。

大型のミヤマ♂
大型のミヤマ♂



その後も“蹴り採集”を行なっていく。それらしい落下物はあるが、殆どが藪や川向こうに落ちてしまうので確認が出来ない。それでも近くに落下物がある場合は意識を集中させ確認していく。ポイント的にミヤマ以外にもノコやコクワも落下してくるので、数点落下した場合はある程度“感”でミヤマである事を信じ確認していく。・・・それがミヤマであれば嬉しいが、ノコの場合ガッカリする。以前から感じているが落下後、ノコ・コクワはすぐに動き出し逃げ出すが、ミヤマは落下後も全く動かない。地面の土の色や落ち葉で保護色になるので余計にミヤマは見つけ難い。

落下後のノコ♂
落下後のノコ♂




猛暑の中、次々にクヌギを蹴っていく。とにかく暑い!その様な中、ミヤマ☆仮面さんより少し離れた場所に“ボトッ!”と大きな落下物があった。ミヤマ☆仮面さんは「木の枝です」と言う。しかし、次の瞬間「枝に足が生えた!!」と言う。良く見ると、落下物は“ではなく大きなミヤマ♂であった。“暑さを忘れる熱い迷言”であった。


暫く活動を行なっていくと、数頭のミヤマ♂とクワレス選手契約を結ぶに至った。本来であればもう少し選手が多くても良さそうであったが、どうやら先行者が居た様で、選手を引き抜いていったらしい・・・。

クワレス選手、交渉中!?
クワレス選手、交渉中!?



ミヤマの“蹴り採集”以外でもクヌギの樹を観察すると、洞の各所にコクワの姿が確認できる。他のドルクス系が居ないか確認していったが、洞の中にはどこもコクワで“満員御礼”状態であった。目に付くような簡単な場所には、そうそう大物は確認できない。

洞には多くのコクワが居る
洞には多くのコクワが居る



樹液箇所で暫く観察していると“大型の蝶”が飛来した。それは大きさから見てもすぐに「オオムラサキ」である事が判った。ちょうど目の前に飛来したオオムラサキは♀であったが、翅を広げた画像を得たかったので暫く“睨めっこ”をしながら、その時を待つ。
・・・なかなか翅を開かない。・・・数分待っても開かない。・・・段々と藪蚊が集まってきて容赦なく首筋に集り始める。。。その様な中、やっと得られた画像が下記の画像である。本音を言えば♂個体の美しい紫を観たかったが、また機会があれば可能であろう。

オオムラサキ♀
オオムラサキ♀



気が付くとアキアカネが多く確認できる。樹液を出しているクヌギの根元を見ると、多くのカブトムシの亡骸も確認できる。梅雨も明け、やっと夏らしくなってきたが、実はそれは夏の終盤を告げている光景なのかも知れない。キリギリスやエンマコオロギの鳴き声も聞こえ始めている。
・・・秋の足跡は確実に聞こえ始めている。なんだか少々寂しい気がした瞬間でもあった。

・・・夏も終盤か
・・・夏も終盤か


成績ミヤマ♂×7 ♀×2 ノコ♂×2 コクワ♂×2 ♀×2 カブトムシ多数

採集目次に戻る