2006.07.15(土)
兵庫県・東部 11:00AM 晴れ 34℃ (蒸し暑い) 同行者:TEN・O

7月14日(金)関西に所用があって行く事になった。実は用事自体は翌日の15日であったが、せっかくの関西という事もあって、前日に乗り込んでクワガタ探索を行ないたいと思っていた。東京駅より新幹線のぞみに乗り込む。・・・しかし翌日から3連休という事と帰宅ラッシュにはまり、指定席は終日完売。仕方ないので自由席を購入しホームへ行くが、もの凄い行列が出来ている。のぞみ自体は10分に1本の割合で出ているが、1時間ほど並ばないと座れる状況ではなかった。

新幹線に乗り込む
新幹線に乗り込む


何とか新幹線に乗り込み席を確保したが、・・・喫煙車両に並んでしまった。
自分は喫煙しないので正直辛かった。夕食用に購入していたサンドウィッチを食べようとしたが、煙が気になり食べられなかった。それにしても年に数回、新幹線に乗るが乗車率100%を超え、通路に人が立っている状態は初めてであった。寝難いながらも目を閉じ体力を温存する。


どうにか新大阪まで到着した。とりあえずレンタカーを確保しようと、周辺のレンタカー屋へ問い合わせる。
・・・しかし、どこのレンタカー屋も全て予約済みで借りることが出来ない。やはり3連休という事で直前のレンタルは簡単ではなかった。今日のクワガタ探索をやめて、道頓堀あたりでゆっくり大阪を堪能しても良かったが、天秤に掛けるとやはりクワガタ探索に傾いてしまう。

新大阪、到着
新大阪、到着



携帯からiモード検索で数件のレンタカーを当たってみたが、その応えは全て同じで“予約済み”ばかりの中、宿の近くにあるレンタカー屋へ問い合わせてみる。もしここでレンタル出来なければ完全に諦めようと思っていた。・・・結果はレンタル可能であった。
・・・しかし、時間にして既に日付をまたいでいる。ここに至るまで相当の体力を使ってしまった。仕事後の大阪入り、そして数時間に及ぶレンタカー確保作業。・・・脳がフリーズ状態に近い。

やっとレンタル出来た!
やっとレンタル出来た!



疲れているものの、せっかく苦労してレンタル出来たので、地図を見ながら近場だけ回ってみる事にした。しかしそれほど簡単に見つけられるものではない事は、十分理解している。結局、カブトムシ♂1頭のみの確認に留まり体力の限界を迎えた。宿の戻り明日に備える事にした。

・・・関西カブトムシ♂
・・・関西カブトムシ♂




翌日、目が覚めると8時を回っている。今日は所用があるので時間制限がある。昨晩は殆どまともに活動できなかったので、急いで身支度をしてレンタカーに飛び乗る。

目指すは里山。過去に数回訪れているものの、ノコ・コクワ位しか確認できていない。まともなポイントを把握していない事が原因でもあるが、少しずつではあるが、この数年間に学んできた事を基に探索してみたい。

良い里山を探す
良い里山を探す



暫く車を流していると栗の樹がちらほらと見え始めた。どんなクワガタでも良いのでとりあえず確認したいのでチェックして行くが、樹液は出ているものの虫が全く集まっていない。・・・雰囲気的にはコクワ辺りは居ても良いはずであるが、カナブンすら集まっていない。・・・時間も限られているので、可能性を感じられない事もあり、地図を見ながら思い切って場所を変える事にした。

樹液は出ているが全く居ない
樹液は出ているが全く居ない



山をいくつか越えてみる。するとそれなりの雰囲気が感じられる里山があるので入ってみる。小川にはサワガニも散歩している。

サワガニ
サワガニ



林道に入ると甘酸っぱい樹液の匂いがする。その元を辿ってみると数本のクヌギから樹液が出ており、カナブンが集まっていた。しかし、クワガタを確認してみるがその姿は確認できない。樹液が樹の根元あたりに流れ込んでいる場所を入念に調べ、ネブトが来ていないかも調べてみるが確認には至らなかった。

カナブンは来ている
カナブンは来ている



林道から藪漕ぎを行い林床に入ってみる。暫くすると驚いた事に“台場チック”なクヌギが見え始めた。“もしかすると”の可能性を信じて、洞を探して懐中電灯で確認していく。結果としてコクワすら見つけられなかったが、夜間に来て見ればまた違った風景が見られるかも知れない。

台場風クヌギも点在する
台場風クヌギも点在する



それなりに確認はしているもののコクワすら見つける事が出来ない。結局は“へっぽこ”なのである。・・・そうは言っても時間の許す限りは探索を続けたい。車では入れないほどの林道があるので歩いて入ってみる。
すると栗の樹が点在するのでルッキングを行なってみる。特に何も居ないように見えたが、木の高い所で蜂がとまっているのが見えた。もしかすると樹液が出ているのかも知れないと思い、樹を蹴ってみた。

標高を上げてみる
標高を上げてみる



???何かが近くに落ちた。クワガタかと思い探してみるが、落ちた周辺では何も動いている様子が無い。しかし逆に“何も動かない”という事は落ち葉や枝かも知れないが、クワガタだとすればミヤマの可能性が高いと感じ念入りに探してみる。・・・すると小さなミヤマ♂がひっくり返っていた。やはり“動かない”キーワードがポイントだった。コクワやノコは落ちた後すぐに逃げ出す事が多く、“ミヤマは落ちた場所から全く動かない事が多く”落下したクワガタの動きで判る事もある。

兵庫県・ミヤマ♂
兵庫県・ミヤマ♂



しかし喜びのつかの間、ミヤマを確認した場所は足場が悪く、更には近くでなにやらうごめく物体が居るので、良く見ると「まむし」がこちらの様子を窺っていた。かなり驚いた!先日も徳之島で“猛毒蛇”ハブを見てきたが、やはり本土では“毒蛇”マムシが危険である。しきりに尻尾を鳴らし威嚇している。
近くの“ひのきの棒”を装備し、「たたかう」を選択。魔琴の会心に一撃で「まむし」は逃げ出した!!・・・経験値もゴールドも手に入らなかった

まむし が あらわれた!
まむし が あらわれた!



戦闘後、改めてミヤマを観てみる。個体としては小さいが、個人的には関西地方で初めて確認したミヤマなので本当に嬉しい。関西は過去にも数回訪れているが、何の情報も持たずに来ているので、その殆どまともな結果が出ていない。その中でようやく今年ミヤマが確認できた。暫く眺めた後、感謝の気持ちを胸にミヤマをリリースした。

関西初ミヤマで大満足!
関西初ミヤマで大満足!





その後、レンタカーを返却し所用を済ませる。本来であればもう1泊して昼間の台場クヌギを探索してみたかったが、明日の日曜は東京で別の予定が入っている。また機会があれば関西に来て見たい。年々少しずつであるが“へっぽこ”なりに前進しているので次回の探索が楽しみだ。

東京に戻ろう
東京に戻ろう


成績ミヤマ♂×1 カブトムシ♂×1
(確認後、リリース)

採集目次に戻る