2006.06.14(水)
東京都・某所 10:00PM 曇り時々雨 22℃ (蒸し暑い) 同行者:ミヤマ☆仮面さん

ミヤマ☆仮面さんと共に、都内某所を少しだけ探索してみる事にした。・・・梅雨入りした東京は、雨が降ったり止んだりの繰り返し。時折、月が顔を覗かせるが蒸し暑く、仕事帰りのスーツなので不快度は高い。ポジティブに考えれば“虫にとっては活動時期”と思い、スーツのまま藪に入っていく。

月は出てるが時折、雨が降る
月は出てるが時折、雨が降る



クヌギを確認していくと場所によっては樹液が出ており、ヨツボシケシキスイが集まっている。雰囲気はある!まずはコクワ確認からである。ミヤマ☆仮面さんと共に樹液箇所をチェックしていく。

所々、樹液が出ている
所々、樹液が出ている



暫くするとミヤマ☆仮面さんがコクワ♀を確認された。東京都内という場所柄、例えコクワであっても嬉しい。コクワが確認できるという事は、他のクワガタも生息している可能性がある。更なる確認を求め探索を続けていく。

東京都・コクワ♀
東京都・コクワ♀



ほど良いヤナギがあったので懐中電灯で照らしてみると、大きなコクワ♂が樹液を吸っていた。やはりクワガタを自然下で活動している姿を確認すると、嬉しい共に癒される。梅雨の時期、蒸し暑い林をスーツ姿で突入する理由はそこにある。

樹液に来たコクワ♂
樹液に来たコクワ♂



その後もコクワの姿はそれなりに確認できる。こうなるとヒラタ辺りの確認をしてみたくなる。そのつもりで探索していくと、樹上3メートルの場所に樹液が出ており虫が集まっている箇所があった。良く観ると“顎の短い妙に艶っぽい謎クワ”が居る。“へっぽこ”ながらも、直感でヒラタだと感じた。すると“謎クワ”は、こちらの存在に気付き近くの洞に逃げ込もうとした。

コクワは多い
コクワは多い



・・・迷った。しかし網も無いので、手段としては木に登る以外に採集方法は無い。考えている内に“謎クワ”は隠れていくので、思い切ってスーツのまま樹を登る事にした。何とか“謎クワ”が逃げ込んだ洞の位置まで登る事が出来たので、洞の中を覗いてみる。

・・・奥に隠れて見えなくなってしまっていた。・・・ヒラタだったと思うだけに悔しい思いが強いが、洞の奥を確認する為に“樹皮などを剥がす行為は厳禁”なので、深追いは止めることにした。機会があればまた出会う事はできるだろう。



気が付くと日付をまたいでいたので、本日の探索は終了する事にした。
今回ミヤマ☆仮面さんと共に東京都内を探索してみて、雰囲気のある場所には意外とクワガタは生息している感が強く残った。もしかすると、まだまだ東京の都市部でもひっそりとクワガタは生息しているかも知れない。離島などの遠征も良いが、身近な意外な場所でのクワガタ探索というのも面白いものだ。機会をみてこの様な調査は続けていければと思う。

都会でも虫は居る!
都会でも虫は居る!


成績:コクワ♂×1 ♀×3
(確認後、リリース)

採集目次に戻る