2006.06.04(日)
静岡県・某所 11:00AM 晴れ 20℃ (暑い) 同行者:ミヤマ☆仮面さん

ミヤマ☆仮面さんと共に、『クワレス』出場用のヒラタクワガタを“スカウト”するべく、静岡県某所にやって来た。
梅雨入り間近の東海地方であるが、天候も良く、絶好の“樹液採集日和”だろう。・・・時期的に少々早い感もあるが、果たして今回のスカウトで平田選手に出会えるのであろうか?

静岡某所
静岡某所



初夏のフィールドだけあって暑い!樹木をチェックしていくと、洞もあり樹液の出ている箇所も確認できる。雰囲気は非常に良い!

洞もあり樹液も出ている!
洞もあり樹液も出ている!



6月に入った事で気温も湿度も高く、虫にとっては条件の良い気候になっていると感じる。樹木をチェックして行くと、コウモリガの活動も活発な様なので、期待は出来そうだ。ただ、それを見つけられるかどうかは別問題になる・・・。

雰囲気はある!
雰囲気はある!



暫く探索を続けていくと、ミヤマ☆仮面さんが「居ますよ!」と言う。その方向を観てみると樹液場所に、コクワやヨツボシケシキスイが集まっているのが確認できた。平田選手ではなかったが、雰囲気は完全に“夏モード”になっている。この光景を観て二人共に、テンションがかなり上がったのは言うまでもない。やはりクワガタは樹液シーズンが一番楽しい!

樹液に集まるコクワペア
樹液に集まるコクワペア



更にチェックして行くと、洞に駆け込む少々大きめなドルクスが見えた。すぐに洞を確認すると、個体は洞のかなり奥に入ってしまい、殆ど見えなくなってしまった。樹皮を剥がしたり、無理やり洞を広げれれば採集は可能かも知れないが、その様な行為は“自分達の採集方法ではない”と心に強く決めているので、洞の奥に入ってしまったのでは仕方が無いと諦める事にした。・・・機会があればまた会えるだろう。

穴の奥に謎クワ?
穴の奥に謎クワ?



それにしても夏本番という事で、藪の高さがハンパではない。自分の身長より高く、2メートル近くまで伸びきった草原をミヤマ☆仮面さんと共に、ひたすら藪漕ぎを行なう。蒸し暑さと運動量で汗が噴出す。改めて2006年の夏を実感する。

ひたすら藪漕ぎ
ひたすら藪漕ぎ



長い藪を漕いでいくと、大きな樹木に辿り付いた。蔦が幹に絡まりクワガタが隠れそうな場所は多いと見受けられる。するとミヤマ☆仮面さんは、その樹木を登り始めた。ミヤマ☆仮面さんは完全に“スカウト部長”の目になっている。現役時代と同じ“真剣”そのものだ。

大木を登るミヤマ☆仮面さん
大木を登るミヤマ☆仮面さん



更に探索を続けていくと葉の影に潜むクワガタが見えた。一瞬大きな個体に感じたのでヒラタかと思ったが、良く観ると“大きなコクワ”だった。
・・・雰囲気的にはヒラタが居ても良い気もするが、確認できる種はコクワばかりである。やはり時期的に早いのだろうか?それとも先行者が居るのだろうか?

葉っぱに隠れるコクワ♂(中央)
葉っぱに隠れるコクワ♂(中央)



・・・なかなか成果が出ない。そこで可能性を信じて、今まで確認して事のない場所へ行く事にした。
しかし、そこまでは更に険しい藪漕ぎをしなければ行く事ができない。居るか居ないかは別にして、出来る事はやっておきたいと言う思いから足を進める。かなり良いトレーニングになる!

さらにキツイ藪漕ぎ!
さらにキツイ藪漕ぎ!



暫く藪漕ぎを行い樹木を確認していく。そろそろ平田選手に会えても良い気もするのだが、もしかすると平田選手はオフなのだろうか・・・???。
樹木の周りには明らかに人が入った形跡もあるので、周辺では有名な採集ポイントなのかもしれない。ミヤマ☆仮面さんは採集した“大・中・小”のコクワを手に持ち「亀○三兄弟!」と言い出した。・・・私は聞こえないふりをした。

亀○(コクワ)3兄弟?
○田(コクワ)3兄弟?



ふと見上げると、微かであるが富士山が見えた。
富士山を見て、日本人で良かったと思うのは自分だけであろうか?昨日の福島の雪ほどではないが、頂には未だに雪が残っている。富士山では、登山者がゴミを持ち帰らず“ゴミの山”になっているという。採集もそうであるが、やはりモラルが大事である。

富士山も見える
富士山も見える




結局、今回の“スカウト活動”は、頑張った割には成果が出なかった・・・。

今回ヒラタには出会えなかったが、樹液に集まるコクワの姿は確認できた。・・・毎回結果が出ないのは自然相手の事であるし、ミヤマ☆仮面さんも同じ考えだ。・・・気が付くとミヤマ☆仮面さんは、“戦闘モード”に変身していた。5.28の引退試合からちょうど1週間。スカウト活動はまだ始まったばかりだ!

無念!ミヤマ☆仮面!
無念!ミヤマ☆仮面!


成績:コクワ♂×4 ♀×5

採集目次に戻る