2006.05.27(土)
愛知県・西部 1:00PM 曇り 18℃

久しぶりに愛知県に行く事にした。と、行っても他に所要がある為、採集時間は夕方までになる。過去の愛知採集は全くクワガタの姿を確認していないので、今回は“目標コクワ1頭”として臨んでみたい。

東名高速にて愛知を目指す
東名高速にて愛知を目指す




東京を出る時は雨が降っており、天気予想を見た限りでは週末の東海〜関東エリアでは“土日、共に雨”という事で、どこまで採集できるか心配であったが、愛知に着くと雨は止んでいた。いつもと逆のパターンなので儲けた気がする。そうは言っても、いつ降り出してもおかしくない空模様なので、雨が降り出す前に探索を開始する。いつもながら情報を持たずに愛知入りしたので、地図を見ながら緑地帯を探していく。

地図を見て森を探す
地図を見て森を探す



・・・それなりに広そうな森を確認したので、居るか居ないかは分からないがルッキングして行く。すると予想以上にクヌギの大木が確認できる森だった。時期的に少々早いかも知れないが、雰囲気のありそうな場所をチェックしてみる。

良さそうな・・・
良さそうな・・・



クヌギの幹の境目に、落ち葉や土で埋もれた場所があったので除けてみると、コクワ♂が出てきた。個人的に愛知で“初クワガタ確認”なので嬉しい。

2006年・初採集コクワ♂(愛知県産)
2006年・初採集コクワ♂(愛知県産)



コクワ確認で気を良くし、更に探索を続けていく。
すると樹の根元に樹液の出ている場所がある。コクワは居るのか?樹液はそのまま少し空間の開いた地面に流れ落ちているので、クワガタが潜んでいないか懐中電灯で照らしてみると・・・

根元に樹液が出ている
根元に樹液が出ている



何とネブト♂が潜んでいた。東海地区から西側は“ネブトが多く生息している”と聞いた事はあったが、まさかこの様な形で確認できるとは思ってもいなかった。本当に驚いた!よくよく考えてみると昨年の対馬でネブトを確認しているが、いわゆる“本土ネブト”は自身、初採集となる。正直な所、このネブト確認だけで充分に愛知県まで来た甲斐があったと思う。

愛知県・ネブト♂
愛知県・ネブト♂


ネブト♂を手にとって観てみる。個体としては決して大きくは無いが、その姿は紛れもなくネブトクワガタである。ネブトマニアは多いと聞くが、本土以外にも各離島に亜種が生息している訳であるし、非常に奥の深い種だと思う。改めて個体を眺めてみると、何だかハマる気持ちにも納得できる。

ズームにて
ズームにて



ネブト確認で気を良くしながら更に探索を続けていく。クヌギ以外にも名前は判らないが、広葉樹で樹液の出ている樹があるのでチェックしていく。その内のいくつかは、ほど良い洞もあるので中を覗いてみる。

洞を覗いていく
洞を覗いていく



湿った洞の中にはコクワの姿も確認できる。この時期のこの周辺では、既にコクワは活発に活動している様である。こうなるとヒラタも確認してみたくなってきた。・・・気が付くと体のあちこちが、かゆい。・・・それもそのはず、蚊が大量に飛び回っている。

大きいコクワ♂
大きいコクワ♂



その後も洞や樹液をチェックしていくが、確認できるのはコクワばかり・・・。そう簡単にヒラタは見つける事は出来ない様だ。それでも洞の中に潜んでいるコクワの姿を観ると、2006年も“樹液シーズン”が開幕した事を実感する。日頃の運動不足感をモロに感じながらも“クワガタが活動している”という事実が目の前にあるだけでテンションが上がる。

樹液シーズン本番!
樹液シーズン本番!



暫く探索を続けたが、結局コクワ♀×2頭を確認するに終わった。残念ながらヒラタは確認できなかったが、今回はネブト♂を確認する事が出来たので充分堪能する事ができた。今回採集したクワガタ達に感謝しながら、全ての個体をリリースした。
東海地方はネブトを確認できるなど、関東とは違った雰囲気でクワガタ探索が出来るので非常に楽しい。またの機会があれば訪れてみたい。

愛知県・コクワ♀
愛知県・コクワ♀




せっかく愛知県まで来たので「どて丼&きしめん」セットを食べて帰る事にした。
・・・前回、別のイベントで来た時もこの場所で“同じセット”を食べた気がした。・・・食べてから思い出した。・・・完全に失敗だった。。。

どて丼&きしめん
どて丼&きしめん


成績:ネブト♂×1 コクワ♂×3 ♀×2
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る