2005.08.12(金)
山梨県・中部 3:00PM 雨 30℃ (蒸し暑い)

盆休みが取れたので探索に出掛ける事にした。「帰省渋滞」を考えると高速を使うルートは避けようと思ったが、渋滞情報を確認すると意外にも渋滞していない場所もあったので、高速を使い山梨方面に車を走らせた。

何故か渋滞が無い・・・
何故か渋滞が無い・・・



山梨と言えば“超”が付くほど有名産地であり、多くの採集者が訪れると思われたので、今回はあえて某所は避けて探索する事にした。地図を見ながら山を探す。居るか居ないかは分からないが適当な林道に入ってみる。

真夏の山梨
真夏の山梨



クヌギやコナラの樹木が確認できるので、それなりに期待しながら探索を続けるが、なかなかクワガタの姿が確認できない。この様な場合、コクワであっても良いのでクワガタの姿を確認したい。

キボシカミキリのペア
キボシカミキリのペア



暫く林道を見回ると、やっと樹液の出ている樹木があった。良く見るとカナブンに混じって小さなスジ♂が確認できた。とりあえずホッとした。安い!

山梨・スジクワ♂
山梨・スジクワ♂



その後何とかカブトムシ♀は確認できたが、それにしても虫の気配が感じられない。セミもヒグラシが鳴き始めている。時期を考えればピークを過ぎてると思うが、場所を考えれば自分の探し方に問題があるのだろう・・・。結局、明るい時間帯にまともな確認が出来なかった。

カブトムシ♀
カブトムシ♀




そうこうしている内に辺りが暗くなってきたので、外灯周りに切り替える事にした。雨は止んだが外灯に蛾が集まっていない。・・・どうも雰囲気が無い。

外灯を見回る
外灯を見回る



外灯を回っていると一際明るい外灯があったので期待して確認していくと、ミヤマ♀がひっくり返っていた。時期的に発生後期と思っていたが、当ての無い場所での初確認は♀でも嬉しい。

山梨県・ミヤマ♀
山梨県・ミヤマ♀



懐中電灯で照らしていくと妙に赤いものが目に入った。カブトムシ♀であった。しかし、普段見かけるカブト♀とは比べ物にならないほど赤い。特に上部の赤さが目立つ。手にしてみると思い切り排泄物をかけられた・・・。

赤過ぎるカブト♀
赤過ぎるカブト♀



その後も探索を続けているとコクワ♂の姿も確認できた。一瞬大きな個体だったので間違えそうになったが、コクワには違いなかった。

大きなコクワ♂
大きなコクワ♂




その後、大した内容も無いまま“強烈な睡魔”が襲ってきたので探索を終了する事にした。

帰り際セミの羽化を見た。ミンミンゼミかアブラゼミか分からないが、神秘的な魅力を感じた。無事に羽化し生涯を全うして欲しい。

セミの羽化
セミの羽化


成績ミヤマ♀×1 スジ♂×1 ♀×1 コクワ♂×2 ♀×1 カブトムシ♀×2
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る