2005.07.24(日)
静岡県・某所 4:00PM 曇り 26℃ (蒸し暑い)

6月以来となる静岡に行ってみた。前回は時期が少し早かった様だが、今回は間違いないだろう。下草も伸び放題となっており、藪こぎをしなければならない。蒸し暑く汗が止まらないが、これが樹液シーズンであり楽しい。

ベストシーズン
ベストシーズン



暫く藪こぎをして、何とかヤナギまで辿り着いた。しかし外側から見ても蔦が絡み付いていて、ヤナギの幹がまったく見えない。下手に蔦を取り除こうとして幹を揺らしてしまうと、付いているかも知れないクワガタが落ちてしまうので、難しい所である。

ヤナギに蔦が絡まっている
ヤナギに蔦が絡まっている



とりあえず見える範囲でヤナギをルッキングしてみると、小さなヒラタ♂が確認できた。狭い隙間ながらも何とか見失わず、落とす事なく手にする事が出来た。先日遠征した対馬のヒラタとは比較にならないほど小さいが、ヒラタは今でも大好きなクワガタであり、どんな場所でもヒラタが確認できれば嬉しい!

静岡・ヒラタ♂
静岡・ヒラタ♂



その後も藪こぎをしていると途中、草原の葉の上にコクワ♀がいた。何故その様な場所にいるか不思議に感じたが、夜間活動していた個体が明るくなり休息していたのかも知れない。

何故か葉の上にコクワ♀
何故か葉の上にコクワ♀



何箇所か回ってみたが、結局ヒラタは最初の1頭のみの確認となった。その代わりというか、今回はノコが多く確認できた。周辺の状況としては、ヒラタよりノコの方が活発に活動する時期なのかも知れない。また秋口になればヒラタの個体数も多く確認できる様になるのだろう。その頃にまた足を運べればと思う。

ノコばかり
ノコばかり




今回静岡に来てみて今までと違った点は、他の採集者も採集に訪れている形跡が窺えた。場所柄、見る人が見ればクワガタの生息しているという目星は立てやすい場所だけに仕方が無いと思うが、ヒラタがいつまでも確認できる場所であって欲しいと思う。


成績ヒラタ♂×1 ノコ♂×3 ♀×1 コクワ♀×1
(確認後、全てリリース)

採集目次に戻る