2005.07.23(土)
大阪府・北部 8:00PM 曇り 32℃ (暑い)

所用で大阪に来た。大阪の夏は何度来ても思うのだが、暑い!市内の街路樹を見ると異常なほどのクマゼミが付いている。1本の樹に20以上の個体が付いている。時間帯としては午後をとっくに回っているので、鳴いているクマゼミはいない。

クマゼミ
クマゼミ




用事を済ませた頃には、すっかり夕方になっていた。時間的には全く余裕が無かったが、少しでも関西のクワガタを確認したく、山を目指し車を走らせた。昨年もこの時期に一度訪れているが、すっかり忘れているのでボ〜ズ覚悟の採集となるだろう。
・・・昔から沈み行く夕日を見ると、何故か“新マン”や“ウルトラマンレオ第1話”を思い出す。

沈む夕日が私なら、明日の朝日はウルトラマンレオ、お前だ!
沈む夕日が私なら、明日の朝日はウルトラマンレオ、お前だ!



目的地に付いた頃には辺りは真っ暗で、方向感覚が全く無くなっていた・・・。とりあえず車を流し“怖く無さそうな”林道を探す。勝手の分からない場所での採集は怖いものである・・・。
何とか適当な林道を見つけ、車を降りて懐中電灯片手に探索を開始する。暫くすると樹液の出ているクヌギを発見した。よく観るとノコ♂が来ていた。

樹液に来ているノコ♂
樹液に来ているノコ♂



懐中電灯の光を当てていると、ノコ♂は急に落ちてきた。その他の個体が居ないか確認したが、それ以上の個体は確認できなかった。
その後、暫く周辺を探索していると何やら話し声が聞こえてきた。一瞬ゾッとしたが、話し声の主は段々近づいてきたので様子を窺っていると、どうやら親子の採集者の様であった。人けの無い林道でいきなり話し声が聞こえてくるというのは、非常に怖いものがある・・・。

大阪・ノコ♂
大阪・ノコ♂



林道を進んで行くと台場クヌギも確認できた。しかしながらコクワすら確認できない・・・。
それもそのはず、気が付くと多くの採集者が各樹木をチェックしている。何気なく他の採集者の持っているプラケースに目をやるが、何も入っていない様である。カブトムシすら確認できない・・・。

台場クヌギ
台場クヌギ




今回、短時間であったが大阪を探索して思ったのは山梨同様、多くの採集者が入山しており有名産地での難しさを感じた。この2週間は偶々、山梨と大阪の有名産地を訪れてみたが、台場クヌギも傷ついているものが多く、状況としては良く似ている。もし来年も来る機会があれば、全く違う場所を探索してみたいと思う。


成績:ノコ♂×1
(確認後、リリース)

採集目次に戻る