ご注意!
平成19年4月1日より、神津島動植物の保護に関する条例第4条第1項、第5条第2項及び同条例施行規則第4条第2項に基づき、ミクラミヤマクワガタは、採集禁止となりました。詳細は、神津島村役場サイトにてご確認下さい。
(下記、採集記は施行以前のものです。)

2005.05.15(日)へっぽこ遠征in伊豆諸島(最終日)
東京都・神津島 6:00AM 晴れ 20℃(暖かい)


神津島最終日。日の出と共に行動を開始した。帰りのジェットフォイルが14時発なので限られた時間を最大限に使いたかった。眠いと言えば眠いが、それ以上にミクラミヤマの活動を観てみたかった。

日の出と共に開始!
日の出と共に開始!



昨日の天気予報では寒いと言っていたが、天候は3日間の中で一番良い。風もそれほど吹いておらず、気温も上がってきている。海も今日が一番美しい。本当に東京の海なのだろうか?

景色は良い!
景色は良い!









しかし






ここでとんでもない島内放送が聞こえてきた。








何と帰りに乗る予定であった「東海汽船」が天候不良の為、“予定だった14時・前浜港発のジェットフォイルが、11時・多幸湾発に変更”との事。
・・・・・神津島はこんなに良い天気なのに、海は時化ているらしい。ホテル神津館に確認してみると、10時には多幸湾行きのバスがホテルを出発するのでそれまでには戻ってきて欲しいと言う。

残り時間は、あまりにも少な過ぎる。やはりツイてない・・・。

条件は良いはず
条件は良いはず




残り僅かな時間で、出来る事をやっておきたい。とにかく原付を流す。気持ちとしては最後にワンチャンス欲しいと思った。




すると林道を横切る“黒い影”が見えた・・・。




「そうだ!神津島には神様が住んでいるはず!」





もう神頼みだ!




「頼む!!頭胸部赤黄紋型であってくれ〜!!」(さり気なく無謀要求)




・・・・・“へっぽこ”らしい幕切れだった。

またチミか!
またチミか!



残念ながら時刻は9時40分を示している。レンタバイク屋に原付を返却し、ホテル神津館まで徒歩で戻る時間を考えると、制限時間いっぱいであった。山を降りる前に、昨日採集したミクラミヤマ♂1頭と亡骸2頭を山にリリースした。人によっては勿体無いと感じられる方もいると思うが、自分は現地でクワガタを確認できればそれで満足してしまう事が多い。何と言うか“自分にとっての楽しみ方”で楽しめれば良いと思う。
“自称ミヤマ好き”として強いて言えば、もし何かの間違いでミクラミヤマの♀の個体が採集できれば、ペアで飼育を行ってみたいと思っていたが、それは叶わなかった。

この後、リリース
この後、リリース




急いで山を降りてレンタバイク屋へ向かった。なんだか慌しくなった最終日であったが、レンタバイク屋のご主人やホテル神津館の女将には、本当に良くして頂いた。この様な島内での温かい「ふれあい」も旅先ならではだろう。特にレンタバイク屋は、かなりの無理を聞いて頂き感謝している。お蔭でこの神津島遠征が数段楽しいものになった。

ナンパ所ではない・・・
ナンパ所ではない・・・




ジェットフォイルが来る多幸湾に10時30分には到着した。周辺は特に食事の出来る場所もない。と言うか、全く何もない場所である。元々の予定であれば、あと3時間は山に居る事が出来ただけに気分も沈み気味である。こういう時は時間が経つのが遅い。・・・ひたすらジェットフォイルの到着を待ち続けた。


結局、ジェットフォイルが島を離れたのは自分が多幸湾に到着後、1時間半以上待った12時過ぎだった・・・。


いよいよ神津島ともお別れだ。遠征終了のこの瞬間は、ある種の寂しさを感じる・・・。

多幸湾
多幸湾



海の時化の為、帰りのジェットフォイルは式根島や大島には寄らず、竹芝桟橋まで直行便となった。来る時は4時間掛かった航海も直行だと2時間半で竹芝に着いた。
竹芝に着いた途端、激しい雷雨に見舞われた。やはり強い寒気が入り込んでいるのが原因らしい。神津島でもこの寒気にかなり苦しめられたが、予定通りに行かないのも「自然相手」として受け止め、今回叶わなかった事はまた次の機会への楽しみとしてとっておきたい。

今回の「東京都の離島」神津島遠征は、初めて観る“ミクラミヤマ”を確認でき堪能できるものとなった。


成績:ボ〜ズ

採集目次に戻る