2002.05.28(火)
千葉県・KS市 5:00PM 晴れ 25度℃ 同行者:kapiさん

急遽時間が取れたので、失礼と思いながらもkapiさんに連絡を入れた所、採集に同行して頂ける事となった。5月に今までクワガタの樹液採集をした事の無い自分にとって、4月から樹液採集を行っているkapiさんの同行は非常に心強い。まずは湿地帯の中にあるヤナギに行く事になった。ここは場所的にはヒラタも狙えそうな雰囲気だったが、今回は成果が得られなかった。

今シーズン・初藪漕ぎ
今シーズン・初藪漕ぎ


しかし久しぶりの藪漕ぎも体験出来、蚊にも刺され“”を感じる事が出来た。その後、数箇所クヌギポイントを回って頂いたが、時間帯としても早いせいかクワガタの姿は確認出来なかった。残り時間的にも厳しくなってきた為、引き上げようとした時、通り掛ったコナラの樹にやたら大きなスズメバチが見えたので慌てて近くに寄ってみると、かなりの数のジャノメチョウが集っており、樹液特有の甘い香りが漂っていた。とりあえずスズメバチを被っていた帽子で処理し、樹液箇所を確認してみると根元周辺の樹液部にコクワ♂×2頭が確認できた。更に樹液の出ている洞にメスの姿も確認出来た。その内♂はこちらに気付き逃げ出した。

今シーズン・初樹液採集!
今シーズン・初樹液採集!



・・・シーズン中であれば、何てこと無い光景であるが、5月にこの様な光景を目にする事が出来るとは例えコクワでも感激である!



今回案内して頂いた箇所は、既にkapiさんが今シーズン樹液採集されている箇所である為、他の場所でも「居ないのではなく、確認出来ていないだけ。」という意識になって来た。実際今回も昼間であっても、コクワの確認できた場所は日陰側の薄暗い場所だったので以前から思っている事だが、少ない経験と先入観のみで居ないと決め付けてはいけないと改めて感じた。


成績:コクワ♂×2

採集目次に戻る