2001.10.02(火)
千葉県・北部周辺 3:00PM 晴れ 28℃(10月にしては暑い)

天気予報で10月にしては異例の暑さと言っていたので、無理は承知だが“樹液採集のラストチャンス”と勝手に思い込み、出かけてみた。まず、先日気になっていた千葉県F市の貯水池周辺をあたってみた。池にはギンヤンマも飛んでおり、ツクツクホウシも最後の力を振り絞って鳴いている。周辺の木をチェックして見ると数本のクヌギがあったが、どの木も樹液は出ておらず虫も全く見当たらなかった。今回はとりあえず偵察という事で来年に期待しようと思う。

来年期待のクヌギ
来年期待のクヌギ


次に県境の河川敷に行ってみた。河川敷といえば、ヒラタがよく採集例として取り上げられているので一度確認してみようと思っていた。しかし、先日の台風15号でかなりの土砂が流れ着いている様で、河川敷全体が泥で覆われている。その中でも柳の木を見つけたので、乾燥した泥付きの藪をかき分けて近づいてみた。すると柳からは樹液が出ている。更に幾つか洞もある様だ。久しぶりの柳という事もあり、念入りに調べてみたが多少の虫は確認出来たものの、クワガタは居なかった...。念願のヒラタ初GETは、いつになるのであろうか?

奥にヤナギ
奥にヤナギ


夜になって帰り際に、いつも確認しているK市に寄ってみた。樹液に居たのは、夜になっても集団で仕事をしているスズメバチだけであった。もう樹液採集は本当に終わりを告げそうだ。サイトの更新ネタが無くなってしまう...。

恐ろしや・・・
恐ろしや・・・


成績:ボ〜ズ

採集目次に戻る