2001.09.13(木)
千葉県・K市&S市周辺 12:30AM 晴れ 29℃(涼しい)

今年の夏も茨城のミヤマ以外まともな成績を残せなかったが、友人をF市に送った帰りにいつもの2箇所を見に行ってみた。しかし、S市はコクワ♀×1のみ。K市も同様、コクワ♀×1のみであり、双方とも樹液はほとんど出ていなかった。いつも夏になるとこの2箇所を見てきたが、これからはもう少し採集ポイント拡大を目指す必要があると思う。せっかく車で30分以上かけて見に来るのであれば、もう少しポイントを増やしておけば多く見て回れる訳であるし“もしかして”の確立も増えると思う。今回はここ2〜3年、K市周辺でそれほど大きなクヌギではないが、1本でコクワが10数頭見ることの出来るポイントへ行ってみた。まともに見るのは今年初である。いつでも確認しようと思えば出来た場所であったが、何故か見に行ってなかった。近くに行ってみると、すぐに樹液の甘い匂いがしたので、期待を胸に覗いて見た。すると、もう消え始めたと思われていたカブトやコクワ×数頭がいた。もしかしてヒラタもと思い、時間を掛けて探してみたがそれ以上は見つからなかった。やはり可能性のある場所はしっかり確認するべきだと、改めて感じた。まだ夏は終わっていないのかもしれない。

2箇所の樹液とコクワ
2箇所の樹液とコクワ

成績:コクワ♂×2 ♀×5 カブトムシ

採集目次に戻る